大学の地元進学率が高い都道府県と低い都道府県。地元進学率5割を超えるのは?

shutterstock_363347150

旺文社教育情報センターの調査で分かった「各都道府県の大学進学者の流入者数と流出者数」。地元に残り大学へ進学する学生の多い都道府県、少ない都道府県を見てみました。

大学の地元進学率が高い都道府県は愛知県と北海道

平成28年の地元進学率で第1位となったのは愛知県。進学率は71.4%と高く、2位の北海道には約4%の差をつけています。

北海道と愛知県はこれまでも安定して1位または2位を保っていますが、北海道の地元進学率はこの15年間で少しずつ下降してきています。

地元進学率が高い都道府県

1位:愛知県 71.4%
2位:北海道 67.1%
3位:東京都 65.7%
4位:福岡県 64.6%
5位:宮城県 57.4%

ABOUTこの記事をかいた人

まちづくりGIFT

「地域ビジネスで、世界を変える」を使命に、全国で人財育成を通して、地域ビジネス創出事業を展開。ガイアの夜明け、NHK特集、日経新聞他メディア掲載多数。プロジェクトの詳細、講演、ワークショップなどのお問い合わせは、Webサイトからご連絡ください。