埼玉県飯能市に2017年世界初進出する「メッツア」。ふるさと納税 “ムーミン基金” の効果がすごい

shutterstock_419251744

埼玉県飯能市にある宮沢湖に「ムーミン」の施設ができると発表されてから早くも1年以上がたちました。2017年のオープンに伴い、今年の4月から飯能市ではふるさと納税の一部としてその名も「ムーミン基金」が設けられています。
画像:Sarunyu L / Shutterstock.com

日本が世界初進出となる「ムーミンワールド」

「ムーミン」といえばその独特の世界観が人気で世界的に根強いファンが数多くいる作品。

作者であるトーベ・ヤンソンの故郷フィンランドにはムーミンの世界を覗き見ることができる「ムーミンワールド」が1993年に開園しました。

来年埼玉県飯能市にオープンする施設「メッツア」もフィンランドの「ムーミンワールド」に準じて「北欧」や「ムーミンの世界観」体験できる施設となり、日本が世界初進出となるということもあり盛り上がりを見せています。


You Tube

埼玉県飯能市のふるさと納税「ムーミン基金」

飯能市のふるさと納税のひとつとして設けられた「ムーミン基金」。集まったお金は施設と連繋した観光施策の推進を図るために活用されます。

ABOUTこの記事をかいた人

まちづくりGIFT

「地域ビジネスで、世界を変える」を使命に、全国で人財育成を通して、地域ビジネス創出事業を展開。ガイアの夜明け、NHK特集、日経新聞他メディア掲載多数。プロジェクトの詳細、講演、ワークショップなどのお問い合わせは、Webサイトからご連絡ください。