MACHI LOG[マチログ] > 宮崎県 > 小さい子からお年寄りまで誰もの顔がわかる限界集落/渡川の3つの魅力 – 宮崎

小さい子からお年寄りまで誰もの顔がわかる限界集落/渡川の3つの魅力 – 宮崎

20160826-dsc_0706

宮崎県北部に、「渡川(どがわ)」と呼ばれる地区があります。

少子高齢化が進み、消滅の危機を迎える町が、新たな挑戦を始めています。

中心となっているのは、30代の若手Uターン者。

今動き出した、注目の地域の方々を取材しました。

レスリングが強い村?

現在では激レアとなった『渡川レスリングクラブ』のジャージ。
現在では激レアとなった『渡川レスリングクラブ』のジャージ。

実はかつて渡川は、「レスリングが強い」と話題だったそうです。

その立役者となったのは、現在では美郷町教育委員会の教育長をされている長尾勇さんです。

学生のときに、レスリングの全日本代表として海外へ行ったんです。そこから、帰ってきて地元に恩返しをと考え、レスリングクラブを作りました

全国で活躍する渡川っ子

レスリングクラブの生徒の中には、全国的に活躍する者も現れ、注目を集めたといいます。

その功績から、現在では教育委員長とし、渡川の未来を担う子どもたちに接しています。

長尾さんに、渡川の魅力を伺いました。

投稿者 オカダタクヤ

オカダタクヤ
「地域の魅力を伝える」を使命に、全国各地の地域の成功事例を取材。PR不足の地域の課題を解決します。記事と連動したクラウドファンディング成功事例有り。執筆・お仕事のお問い合わせは、Facebookページからご連絡ください。

Send this to friend