稼ぐ地域は刺激的であれ!長野県小布施町のまちづくりの秘密!小布施堂 市村次夫氏 x 齊藤潤一氏

オカダタクヤ


地域コーディネーター

20160415-dsc_0131

「まちづくり」分野で先進的な取り組みが評価されている地域のひとつ、長野県小布施町。

まちづくりを引っ張ってきた会社のひとつに、栗菓子で有名な小布施堂があります。

民間と行政が連携した様々な先進的な取り組みも行われてきている小布施のまちづくりのリーダーのひとりとして牽引してきたのが、小布施堂の代表を務める市村次夫さんです。

「稼ぐ地域を作る」をテーマに、全国で地域の仕事づくりを支援する地域プロデューサーであり、NPO法人まちづくりGIFTの代表理事齊藤潤一さんが、市村さんの元を訪ねました。

小布施の人が町を愛する理由

20160415-dsc_0106

齋藤:小布施の人たちは、なぜ町を愛し、誇りに思っているのでしょうか。自分たちの活動が、街を作ることになるという考え方の方が多いように思います。

市村:ひとつは、天領だったということがあります。天領というのは明治時代の言葉ですが、それ以前は幕府領と呼ばれていました。

幕府領には、代官所があったんですね。でも30年くらいで閉鎖されてしまうんです。

240年間は自治の町だった小布施

対談は美しい庭園が広がる市川さんの邸宅で行われた

対談は美しい庭園が広がる市川さんの邸宅で行われた

市村:徳川260年っていうけど、お代官がいたのは最初の30年間だけなんです。

あとの230年間は、自治と言うか、みんなが勝手にやってたんですよ。だから、お上に何かをやってもらうとか、何かが押さえつけられてできないとかいうことはなかったんだろうと思います。

だから昔から、自分たちでやってきたという部分があるのでしょうね。

誰かが胴元になって水路を作ったり、斜傾地に棚田を作るとかですね。

補助金は既製品

齋藤:自分たちでやると言っても、他の地域では補助金漬けになってしまったりという状況があると思います。小布施の方は経済を作っていこうという意識もありますよね。

市村:補助金っていうのは既製品なんですよね。

既製品でいくらやっても、それは情報性もないし、面白みもないし、魅力もないから人も来てくれなくなります。

補助金と引き換えに、やってることが既製品になっちゃってるという価値の無さに早く気づかないと。

補助金じゃないから自由にできる、自由にできるから貴重性のあることができる、ということですよね。

地域ブランディングや
ソーシャルビジネス創出を実現

「地域の魅力を伝える」
【MACHI LOG】は、地域のPR・ブランディング・商品開発を一緒に実現します。地域を大切に想う10万人の読者が、あなたの地域を応援します。

【PR】
ガン予防・花粉症対策に九州産の柑橘

へべす

MACHI LOG を一緒に盛り上げてくれる仲間を募集!

2017.07.05

早く・伝わる文章を書く方法、ライティング講座・基礎編(第3回)を東京で開催

2017.07.02

なべっこ遠足は、秋田だけ!小学校の一大行事は、スゴい教育プログラム-秋田/県南

2015.08.27

ABOUTこの記事をかいた人

オカダタクヤ

地域の魅力を「つなぐ・つたえる」。全国を旅しながらローカルメディア運営、クラウドファンディング、講座セミナー等の事務局長を行ってます。執筆・お仕事のお問い合わせは、info@ande-ande.net までご連絡ください。