MACHI LOG[マチログ] > 人気ランキング > 阿蘇神社の復興へ!震災後、今阿蘇地方に求められていることとは?

阿蘇神社の復興へ!震災後、今阿蘇地方に求められていることとは?

20160909-dsc_0187

2016年4月14日に発生した熊本県と大分県を中心とする一連の地震は、多くの被害をもたらしました。

現在でも断続的な余震が続く中で、復興に向けた取り組みや、熊本を応援する取り組みが数多く実施されています。

今、熊本に必要なことは何かということを知りたいと、地域プロデューサーの齋藤潤一さんが被災地を訪れました。

阿蘇神社の建て直しへ一歩ずつ

20160909-dsc_0202

熊本地震でも、特に大きな被害を受けた地域のひとつが阿蘇地方です。

国の重要文化財にも指定されている楼門を含む、阿蘇神社の社殿が倒壊するなど、甚大な被害を受けました。

阿蘇は災害に強い地域

20160909-dsc_0350

この災害も乗り越えられると思います。阿蘇は昔から自然災害が多い地域。立ち上がってきました。

と語るのは、阿蘇神社の災害復旧事業で広報を務める中島昌彦さんです。

阿蘇出身で、高校を卒業し渡米、東京のテレビ局で勤務したのち、そろそろ地元にというタイミングで震災が起こりました。

阿蘇神社の現状を伝えようと、いち早く映像を撮り、SNSを中心に情報発信を始めた中島さん。

その活動に迫りました。

阿蘇神社を復興するための資金を募る活動

20160909-dsc_0346

斎藤:いち早く、阿蘇神社の情報発信を開始されたんですよね。その理由は何だったのですか。

中島:4月16日の地震で阿蘇神社が崩れて、その後18日に文化庁の方々が視察に来られたんです。その際に、「崩れた部材で復旧は可能」というニュースが流れました。

これは良かったと思っていたら、どうも話はそんなに簡単ではなかったんです。

斎藤:相当なお金がかかることがニュースにもなりましたよね。

中島:そうですね。部材で復旧は可能だが、10年の期間で20億円かかる。それほどに大変な状況だったんです。

そこで、それを知った日にFacebookページを立ち上げて、届けたい情報を発信するべきだと思い、活動をはじめました。

大変な状況であるということ、復旧にはお金が必要なことなどを、映像で配信していけば伝わるのではないかと思い、開始しました。

投稿者 オカダタクヤ

オカダタクヤ
「地域の魅力を伝える」を使命に、全国各地の地域の成功事例を取材。PR不足の地域の課題を解決します。記事と連動したクラウドファンディング成功事例有り。執筆・お仕事のお問い合わせは、Facebookページからご連絡ください。

Send this to friend