経営者が山伏修行から学べる3つのこと−山形

shutterstock_198276281
doi寄稿:高橋慶彦    
MACHI LOG 秋田/宮城 編集長:東北の魅力を世界に伝える。TOHOKU 2020 代表。使命:「東北に1万人の雇用創出」大企業のマーケティング・起業家のブランディング支援。東北プリントワールド株式会社 代表取締役。

古来から続く、山岳信仰に学ぶ。

日本の国土面積の多くを占める、山地。古来より日本人は、山岳そのものを神と考えたり、山岳を神々がいらっしゃる場所として崇めたりしてきました。

自然の神々から与えられる清らかさ、仏教における慈悲深さ、その両方をもって魂を鍛え続ける人々がいます。山伏・修験者と呼ばれる方々です。

出羽三山と山伏修行

東北の山形には、日本三大修験山の1つに数えられる「出羽三山」があります。「月山・羽黒山・湯殿山」の総称で、山岳信仰の聖地と言われる場所です。

その歴史は、1400年。

出羽三山は、祖霊の鎮まる“精霊のお山”、人々の生業を司る「山の神」「田の神」「海の神」の宿る“神々の峰”にして、五穀豊穣、大漁満足、人民息災、万民快楽(けらく)、等々を祈願する“聖地”であった。
加えて「羽黒派古修験道」の“根本道場”として、「凝死体験(ぎしたけいん)・蘇り(よみがえり)」をはたす山でもある。
すなわち、羽黒山では現世利益を、月山で死後の体験をして、湯殿山で新しい生命(いのち)をいただいて生まれ変わる、という類いまれな「三関三度(さんかんさんど)の霊山」として栄えてきたお山である。

□出典:出羽三山神社公式サイト

現在でも、この地域には多くの宿坊が存在し、「山伏修行を体験したい、山伏になりたい。」という人々を日本全国・世界中から受け入れています。

今回、東北の経営者の仲間と共に、1泊2日(通常の修行体験は2泊3日)の山伏修行に参加してきました。

勤行、滝行、壇張り、南蛮燻し(小さな部屋の中で、唐辛子を燻した煙の中で地獄界を体験する修行)、座禅、2446段の階段を登って行う参拝、精進料理を通じて、様々な気付きと学びを承りました。

魂(精神・野性・感性)を鍛え、強く清らかな心と向き合うことに加え、経営者としても多くの学びを頂きました。今回は、その中から3つの学びをご紹介します。

>> 感じることを大切にする理由とは?

ABOUTこの記事をかいた人

MACHI LOG編集部

「地域の魅力を伝える」を使命に、PR不足の地域の課題を解決します。 情報発信のみならず、地域の仕事づくりを目的にした講演やワークショップ、地域をもっと良くしたい人達が集まるイベントの開催も定期的に行っております。