若者から刺激!限界集落を支えるお母さん見回り隊/ 渡川の3つの魅力 – 宮崎

20160826-dsc_0738

宮崎県北部に、「渡川(どがわ)」と呼ばれる地区があります。

少子高齢化が進み、消滅の危機を迎える町が、新たな挑戦を始めています。

中心となっているのは、30代の若手Uターン者。

今動き出した、注目の地域の方々を取材しました。

高齢者の見回りを地区内で

dsc_0328

渡川に返ってくる若者に刺激を受けて、渡川に住むお母さんたちが立ち上げたチームがあります。

それが「渡川いこいの郷グループ」、通称「渡川まんま」です。

3年前に立ち上がりました。

活動内容は、高齢者の見回りを兼ねた宅配弁当です。

その数、およそ60軒。

昼食と夕食を週2回、月に6回の活動を行っていらっしゃいます。

地域のご飯も作ります

その他に、地域内でイベントがある際に、地域の食材を使ったオードブルの準備が入ったりするそうです。

地域を支える、渡川のお母さんたちが考える、魅力を聞きました。

ABOUTこの記事をかいた人

オカダタクヤ

「地域の魅力を伝える」を使命に、全国各地の地域の成功事例を取材。PR不足の地域の課題を解決します。記事と連動したクラウドファンディング成功事例有り。執筆・お仕事のお問い合わせは、Facebookページからご連絡ください。