“日本に帰りたい!” でロシアを横断。ロシアに初めて渡った日本人・大黒屋光太夫の行動力がすごい

shutterstock_244955089

鈴鹿サーキットで有名な三重県鈴鹿市に平成17年に開館した記念館。そこにはロシアに初めて渡った日本人・大黒屋光太夫の資料が展示されています。

江戸に出航するも…嵐で漂流した7ヶ月間

大黒屋光太夫は江戸時代、伊勢の国の船頭。

江戸に向けて米や木綿などを積み出航したところ4日目で嵐にあい遭難。一向は実に7ヶ月の間、海を漂流しました。

やっとのことで着いた島は日本からはるか離れたロシア領のアムチトカ。彼らはここで4年の月日を過ごしたと言われています。

 総移動距離1万キロ! “帰国したい” の一心でロシアを横断

江戸から出航した当時、大黒屋光太夫は31歳。アムチトカで過ごした彼は35歳になっていました。

日本への帰国を切に願い、カムチャッカ半島へ移動し日本へ嘆願書を送るも鎖国下であった日本はこれを却下。

それを受け、光太夫はロシア西部のサンクトペテルブルクを目指し大陸を横断。1万kmを超える距離を4年をかけて移動しついにこれを達成しました。

地域の起業家育成と
ソーシャルビジネスの創出を共に実現

起業家育成を通じて、ソーシャルビジネスを創出し、日経新聞ほかテレビや雑誌での紹介多数。日本で唯一、地域で “稼ぐ力” を構築し、起業・イノベーションを促進することに特化したNPO「まちづくりGIFT」

【PR】
ガン予防・花粉症対策に九州産の柑橘

MACHI LOG を一緒に盛り上げてくれる仲間を募集!

2017.07.05

早く・伝わる文章を書く方法、ライティング講座・基礎編(第3回)を東京で開催

2017.07.02

なべっこ遠足は、秋田だけ!小学校の一大行事は、スゴい教育プログラム-秋田/県南

2015.08.27

ABOUTこの記事をかいた人

まちづくりGIFT

「地域ビジネスで、世界を変える」を使命に、全国で人財育成を通して、地域ビジネス創出事業を展開。ガイアの夜明け、NHK特集、日経新聞他メディア掲載多数。プロジェクトの詳細、講演、ワークショップなどのお問い合わせは、Webサイトからご連絡ください。