九州パンケーキカフェ世界へ「地方から新しい文化を創る」村岡浩司氏

dsc_0251

本日付のプレスリリースより
有限会社一平(宮崎県宮崎市/代表取締役:村岡浩司 Koji Muraoka)と、千康有限公司(中華民国台北/総経理 CEO:蔡景明 Kelvin Tsai)は、九州パンケーキの大中華圏(中国、香港、マカオ)における包括的なエリアフランチャイズ契約(以下 FC契約)に合意。今後は台湾を店舗展開におけるサービス研修やマーケティングの本拠地としながら、当該域内での「九州パンケーキカフェ」の店舗展開をスタートする。

子ども達に愛される九州のパンケーキ

ll_img_115549_1

九州パンケーキは、村岡浩司氏が、自らの足で九州中をまわり、九州のホンモノ素材だけを集めて、作られたパンケーキ。

九州パンケーキは、乳化剤・香料・加工澱粉などは一切使用しておらず、家庭でも安全安心なパンケーキを食べることができる事で人気だ。

各種、賞の受賞に加えて、大手メディアで取り上げられ、最近では、類似商品も発売されるほど人気だ

ABOUTこの記事をかいた人

まちづくりGIFT

「地域ビジネスで、世界を変える」を使命に、全国で人財育成を通して、地域ビジネス創出事業を展開。ガイアの夜明け、NHK特集、日経新聞他メディア掲載多数。プロジェクトの詳細、講演、ワークショップなどのお問い合わせは、Webサイトからご連絡ください。