ふるさと納税の返礼品に「日本刀」。伝統技能を未来へつなぐ手助けにも

MACHI LOG 編集部


MACHI LOG staff

shutterstock_396732964

刀鍛冶の歴史で有名な岐阜県関市では11月8日を “イイハ” で「刃物の日」としています。この日には全国から集められた使い古されたり使えなくなった刃物約3万5千本が供養される行事・刃物供養祭も開催されています。

折れず、曲がらず、よく切れる関の刀

関市に刀鍛冶が誕生したのは鎌倉時代。

刀作りに適した環境を備えた関にはその後続々と刀匠が集まり室町時代には300人を超える刀匠がいたそうです。

関の刀は「折れず、曲がらず、よく切れる」と称されて全国に広まり、戦国時代には武田信玄や豊臣秀吉、黒田長政など名だたる武将の間でも愛用されています。
参照元:関市観光協会 関の刃物


PR for 茨城県北ビジネスプランコンペティション
賞金総額500万円。県北地域を元気にする新たなビジネスプランを募集中!

最大1000万円! 月刊ソトコトの表紙にもなった人気地域で、新事業の6創業メンバーを募集!

 

ソーシャルビジネスをはじめたい仲間募集
宮崎県新富町に拠点を構える「こゆ財団」が、地域課題を解決するソーシャルビジネスの担い手を募集しています。新たに創設する6事業を担う人財を全国から募ります。

地域を変えるソーシャルビジネスを生み出すために大切な3つのこと

2017.12.04

公務員、家(空き)を買う。街をリノベーションする大分佐伯の公務員がイカしてやがる!

2017.11.30

今日からできる「マーケティングに大切な1つのこと」。日向ドラゴンアカデミーレポート

2017.11.24