2号はなくて吹かない年もある! 意外と知らない「木枯らし1号」

shutterstock_320985848

昨日、東京で観測された「木枯らし1号」。木枯らし1号ってどこで観測? 木枯らし2号っていつ? 実は吹かない年もある。意外と知らない「木枯らし」についてまとめてみました。

観測するのは東京と近畿のみ

気象庁が定める「木枯らし」の定義は “晩秋から初冬にかけて吹く、北よりの(やや)強い風”。

木枯らし1号が吹くと気象庁より発表がありますが、これは東京地方と近畿地方でこのような風が吹いたときに発表されています。

 “北よりの強い風” は全て木枯らし? 「木枯らし2号」はいつ?

東京地方で木枯らし1号が吹いたと判断される基準はこちら。

・期間は10月半ばから11月末までの間に限る
・気圧配置が西高東低の冬型で、季節風が吹く
・東京における風向きが西北西〜北である
・東京における最大風速がおおむね風力5 (風速8m/s) 以上である

明確に判断基準が設けられている「木枯らし1号」ですが、2号や3号はなく、発表は木枯らし1号のみ。上の判断基準を元に頑張れば自分で2号や3号を観測できる…かも!?

地域ブランディングや
ソーシャルビジネス創出を実現

「地域の魅力を伝える」
【MACHI LOG】は、地域のPR・ブランディング・商品開発を一緒に実現します。地域を大切に想う10万人の読者が、あなたの地域を応援します。

【PR】
ガン予防・花粉症対策に九州産の柑橘

へべす

MACHI LOG を一緒に盛り上げてくれる仲間を募集!

2017.07.05

早く・伝わる文章を書く方法、ライティング講座・基礎編(第3回)を東京で開催

2017.07.02

なべっこ遠足は、秋田だけ!小学校の一大行事は、スゴい教育プログラム-秋田/県南

2015.08.27

ABOUTこの記事をかいた人

まちづくりGIFT

「地域ビジネスで、世界を変える」を使命に、全国で人財育成を通して、地域ビジネス創出事業を展開。ガイアの夜明け、NHK特集、日経新聞他メディア掲載多数。プロジェクトの詳細、講演、ワークショップなどのお問い合わせは、Webサイトからご連絡ください。