2号はなくて吹かない年もある! 意外と知らない「木枯らし1号」

MACHI LOG 編集部


MACHI LOG staff

shutterstock_320985848

昨日、東京で観測された「木枯らし1号」。木枯らし1号ってどこで観測? 木枯らし2号っていつ? 実は吹かない年もある。意外と知らない「木枯らし」についてまとめてみました。

観測するのは東京と近畿のみ

気象庁が定める「木枯らし」の定義は “晩秋から初冬にかけて吹く、北よりの(やや)強い風”。

木枯らし1号が吹くと気象庁より発表がありますが、これは東京地方と近畿地方でこのような風が吹いたときに発表されています。

 “北よりの強い風” は全て木枯らし? 「木枯らし2号」はいつ?

東京地方で木枯らし1号が吹いたと判断される基準はこちら。

・期間は10月半ばから11月末までの間に限る
・気圧配置が西高東低の冬型で、季節風が吹く
・東京における風向きが西北西〜北である
・東京における最大風速がおおむね風力5 (風速8m/s) 以上である

明確に判断基準が設けられている「木枯らし1号」ですが、2号や3号はなく、発表は木枯らし1号のみ。上の判断基準を元に頑張れば自分で2号や3号を観測できる…かも!?


PR for 茨城県北ビジネスプランコンペティション
賞金総額500万円。県北地域を元気にする新たなビジネスプランを募集中!

最大1000万円! 月刊ソトコトの表紙にもなった人気地域で、新事業の6創業メンバーを募集!

 

ソーシャルビジネスをはじめたい仲間募集
宮崎県新富町に拠点を構える「こゆ財団」が、地域課題を解決するソーシャルビジネスの担い手を募集しています。新たに創設する6事業を担う人財を全国から募ります。

地域を変えるソーシャルビジネスを生み出すために大切な3つのこと

2017.12.04

公務員、家(空き)を買う。街をリノベーションする大分佐伯の公務員がイカしてやがる!

2017.11.30

今日からできる「マーケティングに大切な1つのこと」。日向ドラゴンアカデミーレポート

2017.11.24