食いしん坊の旅行好きなら!三重県のふるさと納税がオススメ

1
eda寄稿者: 江田真穂
2016年に結婚後、転勤族の妻となる。現在、夫初めての赴任地三重県に引っこして半年が過ぎ、住民でありながらも観光客であると言う転勤妻の目線で、地元の美味しいお店や観光地巡りに勤しむ毎日。好きなものは神社仏閣、アイシングクッキー、地産地消の道の駅探し。

豊かな海と山に囲まれた三重県は古来より美し国(うましくに)と呼ばれ、人々に様々な自然の食材を恵んできた食の宝庫です。2016年5月にはG7伊勢志摩サミットが執り行われ、地元でとれた自慢の伊勢海老やアワビ、松坂牛などのごちそうを各国首脳に振る舞い、世界に向けて美味しい魅力を発信しました。

また、江戸時代から「日本人なら1度は訪れたいお伊勢参り」と語り継がれる「伊勢神宮」や、ユネスコ世界遺産にも登録された「熊野街道」など、旅行先にも困らない日本最大のパワースポットでもあります。

そんな三重県のふるさと納税の返礼品はまさに文句なしの美味いものづくし!地域を応援しながら、おいしい返礼品を楽しんでみてはいかがでしょうか。

体験×グルメで二度美味しいお伊勢さん

2

お伊勢さんの神々しいパワーみなぎる伊勢市は、古来2000年も昔から日本の最高神である天照大御神さまが鎮座する唯一無二のパワースポットとして人々に親しまれてきました。古事記や日本書紀に語られる日本神話のゆかりの地が多く存在する場所として、毎年1000万人を超える参拝客が訪れます。また、黒潮が踊る熊野灘と穏やかな伊勢湾にかこまれた地形から、四季を通して種類豊富な魚が捕れる恵まれた土地としても知られています。

そんな伊勢のふるさと納税は、1万円~40万円まで幅広い選択肢がある点や、他の市に比べて返礼品が豊富である点が特徴的。加えて、長年人々に愛される観光地らしい取り組みとして「実際に伊勢を訪れた際に使える返礼品のラインナップ」も豊富です!

1万円の寄付で手に入る「伊勢神宮の御山材が用いられた参宮の木札」という返礼品はお伊勢さんの木札のパワーはもちろん、提携している「旅行協賛店舗」へ掲げていくことで、素敵なおもてなしが受けられるという、体験型の返礼品となっています。

ABOUTこの記事をかいた人

MACHI LOG編集部

「地域の魅力を伝える」を使命に、PR不足の地域の課題を解決します。 情報発信のみならず、地域の仕事づくりを目的にした講演やワークショップ、地域をもっと良くしたい人達が集まるイベントの開催も定期的に行っております。