いまの都道府県名から分かる!? 明治維新で幕府側についた藩とそうでない藩

shutterstock_405972640

日本の歴史で必ず出てくる「廃藩置県」。明治政府が江戸幕府以来あった「藩」を廃止し、新たに府県を置いたことを指した言葉です。廃藩置県の意外な歴史についてまとめてみました。

最初は3府302県あった日本

廃藩置県が行われたのは1871年 (明治4年) 。

その2年前には藩が有していた土地や人民の支配権を朝廷に返す「版籍奉還」が行われていますが、さらに中央集権体制を強化するため、江戸幕府以来続いた藩の体制を廃止し、府県を置く「廃藩置県」が行われました。

藩から府県へと変わった日本の地方。1871年の最初は3府302県からスタートし、同年さらに統合が進められて最終的に3府72県となりました。

地域の起業家育成と
ソーシャルビジネスの創出を共に実現

起業家育成を通じて、ソーシャルビジネスを創出し、日経新聞ほかテレビや雑誌での紹介多数。日本で唯一、地域で “稼ぐ力” を構築し、起業・イノベーションを促進することに特化したNPO「まちづくりGIFT」

【PR】
ガン予防・花粉症対策に九州産の柑橘

MACHI LOG を一緒に盛り上げてくれる仲間を募集!

2017.07.05

早く・伝わる文章を書く方法、ライティング講座・基礎編(第3回)を東京で開催

2017.07.02

なべっこ遠足は、秋田だけ!小学校の一大行事は、スゴい教育プログラム-秋田/県南

2015.08.27

ABOUTこの記事をかいた人

まちづくりGIFT

「地域ビジネスで、世界を変える」を使命に、全国で人財育成を通して、地域ビジネス創出事業を展開。ガイアの夜明け、NHK特集、日経新聞他メディア掲載多数。プロジェクトの詳細、講演、ワークショップなどのお問い合わせは、Webサイトからご連絡ください。