徳川家康のお母さんってどんな人!? ドラマみたいなストーリー展開の母と子

shutterstock_434986864

歴史に名を残す人物の両親がどのような人だったのかは気になるもの。江戸幕府の初代征夷大将軍であり、長きにわたって続いた江戸時代を築いた徳川家康の母「於大の方 (おだいのかた)」についてまとめてみました。

兄によって離れ離れになった家康と母

於大の方は14歳のときに岡崎城主である松平広忠に嫁ぎ、翌年には家康を産んでいます。しかしながら3歳にならない家康を残して別の城主に嫁ぐことに。

この背景には、家督を継いだ兄・水野信元が松平の主君である今川氏と絶縁して織田氏に従ったことがあったようです。これによって於大の方は離縁されてしまい、実家に返されることになりました。

その3年後には兄の意向などで阿古居城の城主・久松俊勝のもとへと嫁いでいます。

地域の起業家育成と
ソーシャルビジネスの創出を共に実現

起業家育成を通じて、ソーシャルビジネスを創出し、日経新聞ほかテレビや雑誌での紹介多数。日本で唯一、地域で “稼ぐ力” を構築し、起業・イノベーションを促進することに特化したNPO「まちづくりGIFT」

【PR】
ガン予防・花粉症対策に九州産の柑橘

MACHI LOG を一緒に盛り上げてくれる仲間を募集!

2017.07.05

早く・伝わる文章を書く方法、ライティング講座・基礎編(第3回)を東京で開催

2017.07.02

なべっこ遠足は、秋田だけ!小学校の一大行事は、スゴい教育プログラム-秋田/県南

2015.08.27

ABOUTこの記事をかいた人

まちづくりGIFT

「地域ビジネスで、世界を変える」を使命に、全国で人財育成を通して、地域ビジネス創出事業を展開。ガイアの夜明け、NHK特集、日経新聞他メディア掲載多数。プロジェクトの詳細、講演、ワークショップなどのお問い合わせは、Webサイトからご連絡ください。