“三方よし”のふるさと納税からイーハトーブ(理想郷)を花巻に創る

花巻市秘書政策課 定住推進係の吉田真彦さん

花巻市秘書政策課 定住推進係の吉田真彦さん

sakura寄稿者: 櫻庭伸也
イベント、WEBメディアのディレクター職を経て、地域での暮らしに魅力を感じ移住。都市部と地域の人をつなぐことを目標に現在は岩手県花巻市の地域おこし協力隊として活動中。

岩手県のほぼ中央に位置する“宮沢賢治生誕の地”、花巻市。

花巻温泉郷や百名山の早池峰山などで有名な花巻市が、今注目されている“ふるさと納税”きっかけにイーハトーブ(理想郷)を目指しているのだそう。

担当の花巻市総合政策部秘書政策課定住推進係の吉田真彦さんにお話を伺いました。

大きく伸びたふるさと納税。その理由は?

2

—寄付件数・金額共に大きく伸びたとお聞きしたのですが、本当でしょうか?

はい。平成26年度は寄付件数が282件、金額が約682万円でしたが、平成27年度は寄付件数が15,994件、金額が約2億489万円と大幅に伸ばすことができました。

地元の事業者や観光協会、花巻農業協同組合などの協力をいただき、花巻の良さが詰まった記念品の種類を20品目から160品目くらいまで増やしたことが一番の理由ですね。

パッケージ旅行も人気!

3

ふるさと納税の記念品として開発した商品ですと、花巻は岩手県内で唯一空港がある地域なのでその特長を活かし日本航空グループと一緒に作ったパッケージ旅行があります。

往復航空券と花巻温泉郷の宿泊券、レンタカーをセットで提供することで宮沢賢治が追い求めた理想郷イーハトーブの世界をみちのくの名湯に入りながら満喫することができるので好評です。

—人気がある商品をいくつか教えてください

一つ目は“早池峰飲むヨーグルト”です。百名山の早池峰山麓のすこやかな環境で、ゆっくりじっくり大切に育てたブラウンスイス牛の新鮮な生乳を使用し、安定剤、保存料、膨張剤などを使用しない、こだわりの飲むヨーグルトです。

飲んだお客さまから「今までこんな濃厚なのは飲んだことない!」と感想をいただき、リピーター続出の商品です。

毎月90セット限定のりんごジュース

もう一つの大人気商品として“花巻産 りんごジュース”があります。花巻の気候風土と生産者の愛情が育て上げた果汁100%のりんごジュースです。原材料のりんごの収穫量が限られていることから、毎月90セット限定の受付となっていて、1日に申し込みの受付を開始するのですが、あまりの人気にその日の内に申し込み受付終了となってしまっています。

あとは“花巻産はるか(冬恋)詰合せ”でしょうか。岩手の独自品種である「はるか」は、甘くてシャキシャキした触感が特徴です。その中でも、糖度や蜜の入り具合などの厳しい基準をクリアしたものは、「冬恋(ふゆこい)」という、プレミアムりんごとして出荷されます。

栽培できる農家さんも限られているため市場に出回る数も非常に少ない、高級りんごです。50セット限定ということで、今年の受付は終了してしまいましたが、この他にも、サンふじやシナノゴールドなど、厳しい選果基準をクリアした高品質のりんごは、今が収穫の最盛期で、まだまだ受付をしています。

ABOUTこの記事をかいた人

MACHI LOG編集部

「地域の魅力を伝える」を使命に、PR不足の地域の課題を解決します。 情報発信のみならず、地域の仕事づくりを目的にした講演やワークショップ、地域をもっと良くしたい人達が集まるイベントの開催も定期的に行っております。