千利休があぐらをかいた姿で描かれている驚きの理由とは!?

sen_no_rikyu_jpn

安土桃山時代の茶人、千利休は「茶聖」と讃えられる利休流茶道の祖。

織田信長、豊臣秀吉の茶頭として仕えたことに加え、当時の煌びやかな茶道とは対をなす「侘び」を取り入れた「侘び茶」を大成したことでも知られている人物です。一度は目にしたことのある彼の有名な肖像画はあぐらをかいています。そこに隠された驚きの理由とは!?
画像:千利休像 (長谷川等伯画/春屋宗園賛)

「立て膝」や「あぐら」が正しい座り方だった!?

正座についての調査や研究を行っている正座協会によると、日本での正座の歴史はまだ浅く100年ほど。

それ以前の正しい座り方は「立て膝」や「あぐら」であり、千利休があぐらをかいた姿で描かれているのはごく自然なことだと推測されるのだそう。

地域ブランディングや
ソーシャルビジネス創出を実現

「地域の魅力を伝える」
【MACHI LOG】は、地域のPR・ブランディング・商品開発を一緒に実現します。地域を大切に想う10万人の読者が、あなたの地域を応援します。

【PR】
ガン予防・花粉症対策に九州産の柑橘

へべす

MACHI LOG を一緒に盛り上げてくれる仲間を募集!

2017.07.05

早く・伝わる文章を書く方法、ライティング講座・基礎編(第3回)を東京で開催

2017.07.02

なべっこ遠足は、秋田だけ!小学校の一大行事は、スゴい教育プログラム-秋田/県南

2015.08.27

ABOUTこの記事をかいた人

まちづくりGIFT

「地域ビジネスで、世界を変える」を使命に、全国で人財育成を通して、地域ビジネス創出事業を展開。ガイアの夜明け、NHK特集、日経新聞他メディア掲載多数。プロジェクトの詳細、講演、ワークショップなどのお問い合わせは、Webサイトからご連絡ください。