MACHI LOG[マチログ] > 宮城県 > 秋田出身者が語る宮城県の3つの魅力

秋田出身者が語る宮城県の3つの魅力

dsc_0425-2
MACHI LOGで宮城県の魅力を発信し続けている高橋慶彦さんは、秋田と仙台の二拠点での活動を行っています。

宮城県に住んで約1年となり、四季を経て感じる宮城県の魅力と、宮城の未来への可能性を取材しました。

よそ者の視点で見る宮城の魅力

高橋さんは、MACHI LOG編集長として、自らの拠点である秋田と宮城の魅力を発信し続けています。

秋田出身者というよそ者だからこそ、宮城の良さがより深く見えてくると語る高橋さん。

宮城県の魅力を語り下ろしていただきました。

宮城県の3つの魅力

1. 伊達政宗

仙台市民にとって伊達政宗は特別な存在なんです。

「伊達政宗公」と、今でも尊敬の念を込めて言うほどです。

投稿者 オカダタクヤ

オカダタクヤ
「地域の魅力を伝える」を使命に、全国各地の地域の成功事例を取材。PR不足の地域の課題を解決します。記事と連動したクラウドファンディング成功事例有り。執筆・お仕事のお問い合わせは、Facebookページからご連絡ください。

Send this to friend