神社のおみくじは手作業で折られている!? 全国約70%のおみくじは山口県発!

shutterstock_419299528
神社へ行くと目にするおみくじ。

今のようにおみくじが神社で出されるようになったのは鎌倉時代以降のことと言われています。現代には無人の自動頒布機もあるおみくじ。この約70%は山口県で手作りでつくられているそうです。
画像:khamron yoothongkham / Shutterstock.com

多い時には1日6,000枚を折る! 農村の主婦が活躍

全国のおみくじの約70%を生産するのは山口県周南市の農村部鹿野にある「女子道社」。

おみくじは手折りでつくられており、繁忙期には60〜100人の方が交代で作業、中には1日に5,000〜6,000枚のおみくじを折られる人もいるそうです。

おみくじづくりを行っているのは近隣の農村の主婦たち。おみくじは日本国内のみならず、海外へも発送されるそうです。

ABOUTこの記事をかいた人

まちづくりGIFT

「地域ビジネスで、世界を変える」を使命に、全国で人財育成を通して、地域ビジネス創出事業を展開。ガイアの夜明け、NHK特集、日経新聞他メディア掲載多数。プロジェクトの詳細、講演、ワークショップなどのお問い合わせは、Webサイトからご連絡ください。