冬至の日に食べる「かぼちゃ」。全国シェア5割の北海道が生産する冬至向けのかぼちゃって?

shutterstock_387102238

今では1年中手に入るかぼちゃ。日本には冬至の日にはかぼちゃを食べるという習わしがあります。

国内でかぼちゃの生産量1位を誇るのは北海道でそのシェアは約5割。数年前から北海道が冬の出荷向けにブランディングをしてきたかぼちゃをまとめてみました。

日本のかぼちゃの大半は「西洋かぼちゃ」

表面に溝がなくなめらかな西洋かぼちゃは「栗かぼちゃ」とも呼ばれるかぼちゃ。明治時代頃に日本へ入ってきたとされています。

日本でのかぼちゃの歴史の始まりは16世紀ごろで、ポルトガル船が運んできたかぼちゃが「日本かぼちゃ」と呼ばれるかぼちゃで、形が平たく縦に溝が入ったデコボコとしています。

名前の由来は「カンボジア」。これがなまって「かぼちゃ」と呼ばれるようになったそうです。

ABOUTこの記事をかいた人

まちづくりGIFT

「地域ビジネスで、世界を変える」を使命に、全国で人財育成を通して、地域ビジネス創出事業を展開。ガイアの夜明け、NHK特集、日経新聞他メディア掲載多数。プロジェクトの詳細、講演、ワークショップなどのお問い合わせは、Webサイトからご連絡ください。