五感を研ぎ澄ます鳥取県智頭町の森林セラピー

iizawa寄稿者: 飯澤幸世
日本財団コミュニケーション部。日本一のボランティア先進県を目指す、鳥取県×日本財団共同プロジェクトに参加。NPOの広報経験、長野暮らしの経験をもとに地域の情報を発信!

日本の美しい村100に選ばれている、鳥取県智頭町。

智頭町は「みどりの風が吹く“疎開”のまち智頭」というキャッチフレーズを掲げ、町の大切な財産である森林を生かし、セラピーロードや森カフェめぐりなどのプログラムを設けています。

自分でセラピーロードを歩くだけでもよいのですが、『森のガイド』さんと一緒に歩くとより愉しむことができます。

ポイントを見逃さないためにガイドさんと一緒にがおすすめ

『森のガイド』さんと歩く森林セラピーコースでは、山道のでこぼこや柔らかさを感じたり、風の向きや緑の色彩の多様さを感じるワークが適度な間隔で盛り込まれています。

また、ここがポイントという自然の造形や見所は、ガイドさんがいないとうっかり見落としてしまいそう。

コースは2時間コースから1泊2日コースまで、予約すれば昼食にセラピーフードいただくこともできます

森林セラピーを体験!

今回参加したのは2時間ほどのコースです。

準備体操をした後、水「智頭の森」と智頭町五月田産の米を使ったあられをいただきました。さあ、出発!

今回案内してくださったガイドの声高さん。参加者の「感じる」ペースに合わせて、喋りすぎずに、ゆっくりと案内してくださいます。

竹筒で水の音に耳を澄ます。この後は、足の裏で地面を感じる体験へ。

フレッシュなクロモジは、よい香り。クロモジは和菓子の楊枝として使わたり、島根県海士町ではお茶として飲まれています。

何種類の緑を感じる?深呼吸をしながら色の感覚を研ぎ澄まします。

岩の後ろをのぞくと・・・

「おおっ」「あー」など、いろんな感嘆詞が聞こえてきます。

後ろに何があるかは、ぜひ自分の目で確かめてみてください。

ABOUTこの記事をかいた人

MACHI LOG編集部

「地域の魅力を伝える」を使命に、PR不足の地域の課題を解決します。 情報発信のみならず、地域の仕事づくりを目的にした講演やワークショップ、地域をもっと良くしたい人達が集まるイベントの開催も定期的に行っております。