幸福度の高い、稼げる地域づくり。

「ひと」が「しごと」を呼び込み、「しごと」が「ひと」を呼び込むという循環が生まれる地域。

そこで暮らす人たちが幸福で、きちんと稼げる地域をつくるためには、何が必要なのだろうか?

2016年地方創生の振り返り」を受けて、2017年地方創生の行方を考えてみたい。

2017年地方創生の行方

2016年12月22日に閣議決定された「まち・ひと・しごと創生総合戦略2016 改訂版」で提唱されている「ローカル・アベノミクス」の一層の推進。

地域資源を活かした企業化、地域商社による地域産品の販路拡大、日本版DMO、サービス業の生産性向上、事業承継の円滑化、「稼げるまちづくり」の推進、地域未来牽引事業への投資促進等

□出典:まち・ひと・しごと創生総合戦略2016 改訂版

□地域商社:地域資源の市場開拓の司令塔
□日本版DMO:観光地域づくりの舵取り役

この中にある「地域商社」と「日本版DMO」という2つの存在が、ますます大きな役割を担うことになる。

>>地方創生と「地域商社」

ABOUTこの記事をかいた人

高橋慶彦

「東北の魅力を世界に伝える」を使命に活動中。【毎日東北】と題して東北の情報を毎日発信!「MACHI LOG」東北の編集長、広告代理店・東北プリントワールド株式会社 代表取締役。PR・販促支援で企業・官公庁の実績多数。