地域ビジネスを加速させる、クラウドファンディングを活かして稼ぐ方法

高橋慶彦


MACHI LOG 東北編集長

2017年、地域ビジネスを加速させる。

年初の「2017年地方創生の行方」という記事で、「地域商社」や「日本版DMO」が大きな役割を担っていくことをお伝えした。

地域資源を活かした特産品や観光商材の開発を行う際のテスト・マーケティング手法として、クラウドファンディングに対する関心が高まっている。

クラウドファンディングで過去5件・総額500万円以上の支援金を集めた実績を持つ、クラウドファンディング専門家の岡田拓也さんにお話を聞いた。

そのお話をもとに、クラウドファンディングと地域ビジネスの可能性について考えてみたい。

クラウドファンディングを活かして稼ぐ方法

クラウドファンディング専門家 岡田拓也さん

最初にお伝えするが、クラウドファンディングによって直接的に稼げるわけではない。

しかし、クラウドファンディングを活用すれば、地域ビジネスで稼ぐための「最初の一歩」を踏み出すことができる。

「クラウドファンディングという場で、テスト・マーケティングを行うことによって、地域ビジネスの成功確率は上げられる。」と岡田さんは言う。

その確率を上げるための3つのポイントがある。

1:現場主義と顧客主義を徹底する
2:高速で改善を繰り返す
3:ハプニングも受け入れる

それぞれについて、詳しくお伝えしよう。

>> 現場主義と顧客主義を徹底する


PR for アグリビジネススクール
参加無料で、若手Uターン農家に学ぶ「稼ぐ農業」
人数限定の人気イベントを開催!

イベント詳細はこちら



最大1000万円! 月刊ソトコトの表紙にもなった人気地域で、新事業の6創業メンバーを募集!

 

ソーシャルビジネスをはじめたい仲間募集
宮崎県新富町に拠点を構える「こゆ財団」が、地域課題を解決するソーシャルビジネスの担い手を募集しています。新たに創設する6事業を担う人財を全国から募ります。

【PR】
ガン予防・花粉症対策に九州産の柑橘

へべす

安心安全の食とおいしさを追求。アグリビジネススクールで学ぶ稼ぐ農業

2017.11.20

賞金総額500万円!茨城県北を舞台にしたビジネスプランコンペティションがスタート!

2017.11.17

働き方改革:弱いつながりで実現する地域づくり

2017.11.12