インバウンド×秋田の農家民宿、人と人が繋がる観光モデル

人生初の雪や農村体験を楽しむ

台湾では雪を体験したことがない若者が多く、雪遊びやスキーなどの地域資源を活かした冬の観光が特に人気。

その他、農業体験、ホタル狩り、和服の着付けなどが体験でき、非常に満足度も高いと言います。

帰国後の交流が生まれる

帰国後も、Facebookを通じて、交流が続いている人たちもいるそうです。

実際に現地を訪れ、感動を体験することによって、地域と人・人と人がつながっています。

一過性の観光を超えて、地域に暮らす人が地域にとって大きさ資産となっている理想的なインバウンド誘客が、秋田の農家民宿から始まっています。

ABOUTこの記事をかいた人

高橋慶彦

「東北の魅力を世界に伝える」を使命に活動中。【毎日東北】と題して東北の情報を毎日発信!「MACHI LOG」東北の編集長、広告代理店・東北プリントワールド株式会社 代表取締役。PR・販促支援で企業・官公庁の実績多数。