高橋慶彦


MACHI LOG 東北編集長

#じわぁきた

地域の外に出て気付くこと

みなさんは、自分の故郷や大切に想っている地域の魅力を他の人に伝えることがあるだろうか?

相手から「どんな所ですか?」と聞かれて答えられるだろうか?

地域の外に出て、地域の魅力を伝えられないことに気付く。

女子高生がインスタで地域PR

そんな経験をした秋田市の女子高生が、地元の魅力を再発見しようと、写真共有サービス「インスタグラム」を使った活動をしている。

「秋田の魅力がジワジワ感じられるような写真をみんなで投稿しよう」と#じわぁきたというタグを付けた写真投稿を呼びかけた。

「県外に行った際、地元の魅力を具体的に説明することができなかった」と話す赤井さん。地域の魅力を再発見しやすいようにと活用を思いついたという。

□出典:秋田経済新聞

1ヶ月ほどで、秋田県内の様々な写真が投稿された。

>> 実際にこんな写真投稿が行われた


PR for 茨城県北ビジネスプランコンペティション
賞金総額500万円。県北地域を元気にする新たなビジネスプランを募集中!

最大1000万円! 月刊ソトコトの表紙にもなった人気地域で、新事業の6創業メンバーを募集!

 

ソーシャルビジネスをはじめたい仲間募集
宮崎県新富町に拠点を構える「こゆ財団」が、地域課題を解決するソーシャルビジネスの担い手を募集しています。新たに創設する6事業を担う人財を全国から募ります。

地域を変えるソーシャルビジネスを生み出すために大切な3つのこと

2017.12.04

公務員、家(空き)を買う。街をリノベーションする大分佐伯の公務員がイカしてやがる!

2017.11.30

今日からできる「マーケティングに大切な1つのこと」。日向ドラゴンアカデミーレポート

2017.11.24

ABOUTこの記事をかいた人

高橋慶彦

「東北の魅力を世界に伝える」を使命に活動中。MACHI LOG 東北編集長、広告代理店・東北プリントワールド株式会社 代表取締役。PR・販促支援で企業・官公庁の実績多数。