MACHI LOG[マチログ] > 京都府 > 稼ぐ地域を作る秘訣は、早くたくさん失敗する事-南丹ローカルベンチャースクール

稼ぐ地域を作る秘訣は、早くたくさん失敗する事-南丹ローカルベンチャースクール

グリーンツーリズムの先駆けとなった京都府南丹市美山町で南丹市主催の「地域で稼ぐ」をテーマにした無料セミナーが開催されました。

このセミナーは南丹ローカルベンチャースクールという、道の駅の新商品開発の一環として開催されました。

「1勝99敗の精神」で取り組む

講師を務めるのは、地域プロデューサーの齋藤潤一さんです。齋藤さんが行っている全国各地での仕事づくりの事例をもとに、稼ぐ地域を作る方法が語られました。

稼ぐ地域を作るとは、言い換えれば持続可能な地域を作るということにほかなりません。

言い換えるならば、持続可能な地域を作るために、地域に稼ぐ仕組みを構築することが必要だといえます。

講演で一貫して伝えられたことは、「1勝99敗の精神」です。

いちばん大事なことは、早くたくさん失敗することです。早く失敗するとは、早く改善できるということでもあります。

つまり成功確率があがっていきます。

斎藤さん自身の取り組みを事例に、早く失敗することの重要性を伝えていきます。

地方はチャンス。早くはじめて改善し続ける

齋藤さんは、「地方はチャンス」と言い切ります。

なぜなら9割の人は行動しないからだといいます。

大事なのは、「まずやってみる」という精神です。多くの人は行動しないからこそ、行動して改善し続けることで成功に結びつきます。

まず行動を起こす。

できない理由を考える前に動き出すことが重要だと強調します。

投稿者 オカダタクヤ

オカダタクヤ
「地域の魅力を伝える」を使命に、全国各地の地域の成功事例を取材。PR不足の地域の課題を解決します。記事と連動したクラウドファンディング成功事例有り。執筆・お仕事のお問い合わせは、Facebookページからご連絡ください。

Send this to friend