農業を始めるなら宮崎県!稼ぐ農業のために必要なこととは?

農家から直接農業ビジネスを学ぶ場として、東京・有楽町で連続開催されているのが「稼ぐ農業塾」です。

生産者や、流通、サービスなど、農業に対して様々なかたちで関わる人たちをゲストに迎えて、新規就農を希望される方や、地域ビジネスに興味があるという方が学ぶ場として運営されています。

「稼ぐ農業」は「伝わる農業」

ゲストは、野菜の魅力を伝える伝道師と活躍する野菜ジャーナリストの篠原久仁子さんです。

現場主義を徹底し、実際に農家の元を訪れて話を聞き、その魅力を伝えています。

篠原さんによる、「伝える」と「伝わる」は違うという切り口から、稼ぐ農業とは、伝わる農業だとして講演が始まりました。

宮崎の農業の現場を訪問

稼ぐ農業祭に際し、実際に宮崎県を訪れ、各地を視察したという篠原さん。

実際に農家を訪れ、インタビューを行い、宮崎県の農業の潜在力の高さに感心したといいます。

いま必要とされているのは、ライフスタイル=食べ方を提案している農業です。全国でその事例が広がっています

と語り、農産品だけでなく、その食べ方に関する情報発信も行い、生産者と消費者がつながっている事例を示していきます。

地域の起業家育成と
ソーシャルビジネスの創出を共に実現

起業家育成を通じて、ソーシャルビジネスを創出し、日経新聞ほかテレビや雑誌での紹介多数。日本で唯一、地域で “稼ぐ力” を構築し、起業・イノベーションを促進することに特化したNPO「まちづくりGIFT」

【PR】
ガン予防・花粉症対策に九州産の柑橘

MACHI LOG を一緒に盛り上げてくれる仲間を募集!

2017.07.05

早く・伝わる文章を書く方法、ライティング講座・基礎編(第3回)を東京で開催

2017.07.02

なべっこ遠足は、秋田だけ!小学校の一大行事は、スゴい教育プログラム-秋田/県南

2015.08.27

ABOUTこの記事をかいた人

オカダタクヤ

「地域の魅力を伝える」を使命に、全国各地の地域の成功事例を取材。PR不足の地域の課題を解決します。記事と連動したクラウドファンディング成功事例有り。執筆・お仕事のお問い合わせは、info@ande-ande.net までご連絡ください。