地方で自分らしく働く-働き方を変える「投資」の発想【前編】

MACHI LOG編集部


MACHI LOG staff

「人口減少のペースを緩めるためには、東京一極集中を是正し、出生率が比較的高い地方圏への人の移動を促進することが重要となると考えられる」

 「国土交通白書2015」でもそう触れられている国の施策によって、自治体間の移住施策はいまや花盛りである。合わせてリモートワークやサテライトオフィスなど、オフィスのありようや勤務形態もどんどん変化しているが、そんな中で移住する人、働く人のマインドはどうなっているのか。

地方での多様な働き方を実現するには、どんなことが必要なのか。キーワードは、自分への「投資」。地域プロデューサーの齋藤潤一氏に聞いた。

働き方を変える「投資」という考え方

■齋藤さんは2015年にスタートした、宮崎県への移住を促進するプロジェクト『宮崎移住計画』に関与されていますね。

はい。東京を中心に宮崎県の魅力を伝えるイベントを開催し、宮崎県への移住者を増やすことを目的としていました。

でも、当初は広告などの効果でたくさんの人に来てはもらえるものの、移住者がなかなか増えなかったんですよ。

■それはなぜでしょうか。

移住を検討している人が一番重視していることを見誤っていたんです。ぼくたちはアンケートを取り、それが「働くこと」であることを知りました。

どれだけ魅力的で暮らしやすい環境があっても、働かなければ生きていけません。シンプルなことですが、あれもこれもと魅力をPRすることに一生懸命だったぼくたちには見えていなかったんです。

■NPO法人ふるさと回帰支援センターがまとめた2015年の「移住希望地域ランキング」で、宮崎県は圏外から10位にジャンプアップしましたが、裏ではそんな失敗があったのですね。

そうです。山ほど失敗している中でも印象深い1つです。でもこの失敗のおかげで、イベントのテーマを「地方で働くこと」に絞り、宮崎県の企業の方に東京で話をしていただくようにして、10位という結果に結びつけることができました。

続きは、noteで御覧ください


PR for 茨城県北ビジネスプランコンペティション
賞金総額500万円。県北地域を元気にする新たなビジネスプランを募集中!

最大1000万円! 月刊ソトコトの表紙にもなった人気地域で、新事業の6創業メンバーを募集!

 

ソーシャルビジネスをはじめたい仲間募集
宮崎県新富町に拠点を構える「こゆ財団」が、地域課題を解決するソーシャルビジネスの担い手を募集しています。新たに創設する6事業を担う人財を全国から募ります。

地域を変えるソーシャルビジネスを生み出すために大切な3つのこと

2017.12.04

公務員、家(空き)を買う。街をリノベーションする大分佐伯の公務員がイカしてやがる!

2017.11.30

今日からできる「マーケティングに大切な1つのこと」。日向ドラゴンアカデミーレポート

2017.11.24

ABOUTこの記事をかいた人

MACHI LOG編集部

「地域の魅力を伝える」を使命に、PR不足の地域の課題を解決します。
情報発信のみならず、地域の仕事づくりを目的にした講演やワークショップ、地域をもっと良くしたい人達が集まるイベントの開催も定期的に行っております。