歴史に残る日本初のチョコレートは外国人から日本人女性に送られたプレゼント!?

2月14日はバレンタインデー。有名デパートでも板チョコ5枚しか売れなかった!? 歴史に残る日本初のチョコレートって!?

日本におけるバレンタインの歴史を見てみました。

バレンタインの始まり。有名デパートで売れたのは板チョコ5枚!?

日本・チョコレート・ココア協会によると、現在のように女性がバレンタインデーにチョコレートを贈る習慣が始まったのは昭和30年代 (1950年代) に入ってから。

昭和33年当時、新宿・伊勢丹の売り場でメリーチョコレート会社が打ち出した「バレンタインセール」で売れたのは3日間で30円の板チョコ5枚と4円のカード5枚だけだったそうです。

昭和30年代後半にはバレンタインデーを前面に打ち出すお菓子会社も増え、ハート型チョコレートの発売が始まるなど日本のバレンタインデーは活発化していったようです。
出典:日本チョコレート・ココア協会 日本のバレンタインの歴史

ABOUTこの記事をかいた人

MACHI LOG編集部

「地域の魅力を伝える」を使命に、PR不足の地域の課題を解決します。 情報発信のみならず、地域の仕事づくりを目的にした講演やワークショップ、地域をもっと良くしたい人達が集まるイベントの開催も定期的に行っております。