道の駅の商品開発が佳境!アイデアを商品化する効果的な方法とは?

オカダタクヤ


地域コーディネーター

京都府南丹市が主催する「南丹市ローカルベンチャースクール」の活動が続いています。

「稼ぐ地域を作る」を掲げ、道の駅の新商品開発をテーマに開催されている講座です。

舞台となっているのは、京都府南丹市美山町。

美山町は、かやぶきの家屋が残り、懐かしい日本の原風景が広がる観光地としても知られています。特に、かやぶき屋根の家屋が多く残る「かやぶきの里」のほど近くに、「道の駅 美山ふれあい広場」があります。

課題である利用客の減少を解決するために、外部から講師を招き、住民参加の講座として進められています。

地域資源を活かした商品づくり

進められているのは、地域資源を活用した新商品開発です。

3つのテーマにわかれて、チームごとに商品作りに取り組んでいます。「お土産品」、「テイクアウト品」、「お土産品」の3チームに別れています。

主任講師を務めるのは、地域プロデューサーとして全国の地域の仕事づくりを行っている斎藤潤一さんです。

短時間で効果的にブラッシュアップ!

この日は、各チームが検討している新商品のプレゼンテーションと、その内容を短時間でブラッシュアップしていくという講座が行われました。


PR for 茨城県北ビジネスプランコンペティション
賞金総額500万円。県北地域を元気にする新たなビジネスプランを募集中!

最大1000万円! 月刊ソトコトの表紙にもなった人気地域で、新事業の6創業メンバーを募集!

 

ソーシャルビジネスをはじめたい仲間募集
宮崎県新富町に拠点を構える「こゆ財団」が、地域課題を解決するソーシャルビジネスの担い手を募集しています。新たに創設する6事業を担う人財を全国から募ります。

地域を変えるソーシャルビジネスを生み出すために大切な3つのこと

2017.12.04

公務員、家(空き)を買う。街をリノベーションする大分佐伯の公務員がイカしてやがる!

2017.11.30

今日からできる「マーケティングに大切な1つのこと」。日向ドラゴンアカデミーレポート

2017.11.24

ABOUTこの記事をかいた人

オカダタクヤ

地域の魅力を「つなぐ・つたえる」。全国を旅しながらローカルメディア運営、クラウドファンディング、講座セミナー等の事務局長を行ってます。執筆・お仕事のお問い合わせは、info@ande-ande.net までご連絡ください。