鳥取プロジェクトに学ぶ:みんなが関わり合いながら実現する安心・安全の小児ケアとは?

鳥取県と日本財団が共同で取り組むプロジェクトが始まっています。

日本全体の課題でもあり、鳥取県の課題としても大きな人口減少、高齢化をはじめとする社会課題を解決していこうというもので、「鳥取プロジェクト」と命名されています。

その中の一環で行われている取り組みが、「難病の子どもと家族を支えるプログラム」の整備です。プログラムに関わる人材育成として、約半年かけて座学や県外の現場訪問が行われています。

このプログラムの実現への一環として、難病の子ども達のケアを行う国内施設を先行事例の対象とし、鳥取プロジェクトの一団が訪問しました。

訪れたのは、「TSURUMIこどもホスピス」です。

「こどもホスピス」とは

「こどものホスピス」は、小児がんや重い病気をもったり、障害をもつ子どもとその家族を支える場所です。

子どもだからこそ必要な心のケアと、子どもを支える家族のケアの両方を目指して設立されました。

教育支援、訪問支援、小旅行支援、遺族支援を中心に、病院や在宅医療機関と連携しながら、子どもや、その家族にとって、拠り所となるような場所になるべく、運営されています。

子どもたちの「やりたい」を叶える場所

たくさんのおもちゃが並ぶ

TSURUMIこどもホスピスには、こどもたちの「やりたい」を叶える環境が整っています。

広く開放的な中庭や、家族で料理ができるキッチン、様々な楽器を実際に触り遊べる音楽室、家族で共に過ごせるお風呂などです。

「ホスピス」と聞くと、医療型のイメージが強くありますが、TSURUMIこどもホスピスのあり方は、この場所を起点に、多様な人々と接点がもてる新しいコミュニティのかたちにより、「日本初のコミュニティ型子どものホスピス」を特徴づけるものとなっています。

運営スタッフの方も、

ここが第二の我が家として、ご家族の方にとって心の拠り所となるような場所にしていきたいと思っています

と語ります。

地域ブランディングや
ソーシャルビジネス創出を実現

「地域の魅力を伝える」
【MACHI LOG】は、地域のPR・ブランディング・商品開発を一緒に実現します。地域を大切に想う10万人の読者が、あなたの地域を応援します。

【PR】
ガン予防・花粉症対策に九州産の柑橘

へべす

MACHI LOG を一緒に盛り上げてくれる仲間を募集!

2017.07.05

早く・伝わる文章を書く方法、ライティング講座・基礎編(第3回)を東京で開催

2017.07.02

なべっこ遠足は、秋田だけ!小学校の一大行事は、スゴい教育プログラム-秋田/県南

2015.08.27

ABOUTこの記事をかいた人

オカダタクヤ

「地域の魅力を伝える」を使命に、全国各地の地域の成功事例を取材。PR不足の地域の課題を解決します。記事と連動したクラウドファンディング成功事例有り。執筆・お仕事のお問い合わせは、info@ande-ande.net までご連絡ください。