勝率は95%超えで史上最高! 江戸時代の最強力士「雷電為右衛門」に伝わる逸話3選

MACHI LOG編集部


MACHI LOG staff

江戸時代に活躍した「雷電為右衛門」は相撲界において史上最高の勝率・9割6分2厘を記録した力士。雷電為右衛門に伝わる逸話をまとめてみました。

身長197㎝、体重169㎏、手形25㎝の雷電為右衛門

雷電為右衛門は1767年、現在の長野県東御市に生まれました。

17歳でその才能を見出されて江戸へ向かい、相撲業界に入った雷電為右衛門は江戸で相撲を始めてから約6年後には関脇として初土俵。

その後大関に昇進しています。当時の相撲は東西に一人ずつしか横綱がいない為、雷電為右衛は横綱への昇進はありませんでしたが、45歳で引退するまで16年27場所の長きにわたり活躍を続け、9割6分2厘という史上最高の勝率を上げました。

雷電為右衛門の身長は197㎝。当時の男性の平均身長が157㎝であることからかなり大柄な体型でした。


PR for 茨城県北ビジネスプランコンペティション
賞金総額500万円。県北地域を元気にする新たなビジネスプランを募集中!

最大1000万円! 月刊ソトコトの表紙にもなった人気地域で、新事業の6創業メンバーを募集!

 

ソーシャルビジネスをはじめたい仲間募集
宮崎県新富町に拠点を構える「こゆ財団」が、地域課題を解決するソーシャルビジネスの担い手を募集しています。新たに創設する6事業を担う人財を全国から募ります。

地域を変えるソーシャルビジネスを生み出すために大切な3つのこと

2017.12.04

公務員、家(空き)を買う。街をリノベーションする大分佐伯の公務員がイカしてやがる!

2017.11.30

今日からできる「マーケティングに大切な1つのこと」。日向ドラゴンアカデミーレポート

2017.11.24

ABOUTこの記事をかいた人

MACHI LOG編集部

「地域の魅力を伝える」を使命に、PR不足の地域の課題を解決します。
情報発信のみならず、地域の仕事づくりを目的にした講演やワークショップ、地域をもっと良くしたい人達が集まるイベントの開催も定期的に行っております。