※画像はイメージ

地方から世界へ勝負する、高付加価値企業

日本の地方には、圧倒的な高付加価値商品を提供し、世界の顧客へ商品を展開している企業がいくつかある。

山形県にある「メガネのスズキ」もその1つだ。

第二創業、高級スピーカーを山形から世界へ売る

□画面キャプチャ:GIPラボラトリー

山形県上山市に本社を置く「メガネのスズキ」は、「GIPラボラトリー」というブランド名で高級スピーカーを製造販売し、世界中にファンを持つ企業だ。

メガネのスズキは、元々は名前の通りメガネ・宝石販売が主力事業であった。

2002年、家業のメガネ店を継いだ鈴木伸一社長が、高級スピーカーメーカーに業態転換した。

当時世界最高峰で復元が不可能とされた米ウエスタン・エレクトリック社のスピーカー・ユニットの完全復刻に着手、約5年をかけて開発に成功したのである。

□出典:ジェトロ

それをベースに現在は、オリジナルのスピーカー・ユニットおよびスピーカー・システムも製造・販売している。

第二創業の背景

このような第二創業を実現できた背景として、後継者である鈴木社長の経歴が挙げられる。

鈴木社長は、音楽大学出身の元指揮者で、クラシック音楽の解説や演奏評論の経験もあった。音楽に対するノウハウと高い熱意が、世界トップクラスの商品開発に大きく寄与している。

ドイツ・ミュンヘンの国際オーディオショーでベストサウンド賞を受賞するなどマニアの注目を集め、顧客の9割が海外という。

□出典:日本経済新聞

従業員5名の少数精鋭で、地方から世界に対してオリジナルブランドを展開している。

世界の富裕層向けに試聴ルームを設置

同社のスピーカーは、最高3000万円以上。これは、世界でも最高クラスの価格。

今回、顧客のニーズを受け、2000万円以上する高級オーディオセットなどが試聴ができる場所を設置した。

世界の富裕層向けに展開する同社の存在は、地域へのインバウンド誘客に繋がる可能性がある。

企業が高付加価値商品を展開し、世界中にファンをつくる。ファンが、企業を見るため・職人に会うために、その地域を訪れる。そして、地域のファンが生まれ、企業と地域と世界中の人々が繋がる。

そのような好循環が生まれる可能性を持つ、同社のような地方企業の取り組みを応援したい。

ABOUTこの記事をかいた人

高橋慶彦

「東北の魅力を世界に伝える」を使命に活動中。【毎日東北】と題して東北の情報を毎日発信!「MACHI LOG」東北の編集長、広告代理店・東北プリントワールド株式会社 代表取締役。PR・販促支援で企業・官公庁の実績多数。