幕末四賢侯のひとり「松平春嶽」。青森りんごのルーツは彼にあり!?

MACHI LOG編集部


MACHI LOG staff

りんごといえば青森県、ですが、そこには幕末の四賢侯のひとりとして数えられる第16代福井藩主・松平春嶽の存在があったとされています。

ここがすごい。松平春嶽

第16第福井藩主であった松平春嶽は藩内での財政改革や人材登用などにおいて様々な功績を残し、明治維新を語る上でも外すことのできない福井県出身の偉人。

人材登用では後に「五箇条の御誓文」でも知られることになる由利公正を起用。彼の働きもあり、1年あたりの藩の収入の27倍もあった借金を減らすことに成功し、福井藩の財政を救いました。

借金返済の手のひとつであったのがヨーロッパへの生糸や醤油の輸出。輸出額は約10年後には300万両に達し、長崎から千両箱2つをのせた馬125頭が福井へと向かったと伝わっています。


PR for アグリビジネススクール
参加無料で、若手Uターン農家に学ぶ「稼ぐ農業」
人数限定の人気イベントを開催!

イベント詳細はこちら



最大1000万円! 月刊ソトコトの表紙にもなった人気地域で、新事業の6創業メンバーを募集!

 

ソーシャルビジネスをはじめたい仲間募集
宮崎県新富町に拠点を構える「こゆ財団」が、地域課題を解決するソーシャルビジネスの担い手を募集しています。新たに創設する6事業を担う人財を全国から募ります。

【PR】
ガン予防・花粉症対策に九州産の柑橘

へべす

安心安全の食とおいしさを追求。アグリビジネススクールで学ぶ稼ぐ農業

2017.11.20

賞金総額500万円!茨城県北を舞台にしたビジネスプランコンペティションがスタート!

2017.11.17

働き方改革:弱いつながりで実現する地域づくり

2017.11.12

ABOUTこの記事をかいた人

MACHI LOG編集部

「地域の魅力を伝える」を使命に、PR不足の地域の課題を解決します。 情報発信のみならず、地域の仕事づくりを目的にした講演やワークショップ、地域をもっと良くしたい人達が集まるイベントの開催も定期的に行っております。