明治維新150年。吉田松陰も教鞭をとった藩校「明倫館」が生まれ変わって3月4日オープン

2018年の明治維新150周年を前に山口県萩市に「萩・明倫学舎」がオープンします。

吉田松陰に坂本龍馬も。萩藩の藩校「明倫館」

萩藩校・明倫館は、1718年5代藩主・毛利吉元が建てた藩校。

現在の場所に移転されたのは130年後の1849年で、広大な敷地には学舎の他に武芸修練場などもありました。

萩出身の志士・吉田松陰も教鞭をとった明倫館には、旧明倫館の剣術場と槍術場を移してつくられた「有備館」が残されており、ここでは坂本龍馬も試合をしたと伝わっています。

ABOUTこの記事をかいた人

MACHI LOG編集部

「地域の魅力を伝える」を使命に、PR不足の地域の課題を解決します。 情報発信のみならず、地域の仕事づくりを目的にした講演やワークショップ、地域をもっと良くしたい人達が集まるイベントの開催も定期的に行っております。