「道の駅」が稼ぐ地域商社になる方法

「南丹市ローカルベンチャースクール」講師を務める齋藤氏

日本全国にある「道の駅」。法政大学地域研究センターが行なった『全国「道の駅」のアンケート調査報告書』を見ると、多くの「道の駅」が「冬場の客数の減少・生産者農家の高齢化・売上の低迷」という課題を抱えている。

そのような状況を受け、地域における「人づくり」の一環として、新商品の開発で「道の駅」を活性化する取り組みが、京都府南丹市で行われている。

「稼ぐ地域をつくる」を使命に掲げ、「南丹市ローカルベンチャースクール」で講師を務める齋藤潤一氏にお話を聞いた。

地域における「道の駅」の役割

「道の駅は、地域にとって重要な拠点となり得る」と、齋藤氏は言う。

政府も、「地方創生の深化」を目指す「ローカル・アベノミクス」の実現における「小さな拠点づくり」の重要性を伝えている。

「道の駅」は、地域住民同士のコミュニティ、農家さんを支える場所、更には、地域の「外の人」と「中の人」をつなぐ場所として役割を担うことができる。

「道の駅」の課題と取り組み

ただ、モノを置いているだけでは、今後、ますます売れない状況になるだろう。

今回の「南丹市ローカルベンチャースクール」でも、人財づくりの一環として商品開発を行っている。そして、これまであったような一過性の人財づくりではなく、「道の駅」への住民意識を高めることに重きを置いている。

農家さんが色んなモノを持ち寄るだけではなく、住民が自ら「道の駅」をデザインしていくことを目指しているという。

>>地域の人たちがビジネスマインドを持つ

ABOUTこの記事をかいた人

MACHI LOG編集部

「地域の魅力を伝える」を使命に、PR不足の地域の課題を解決します。 情報発信のみならず、地域の仕事づくりを目的にした講演やワークショップ、地域をもっと良くしたい人達が集まるイベントの開催も定期的に行っております。