生産量日本一の青森発、ハローキティの黒にんにく

「にんにく」生産量日本一の青森県

農林水産省が発表している2014年の「作物統計」によれば、青森県の「にんにく」の生産量は13,500tで、日本一となっている。これは、全体の約67%という圧倒的なシェアだ。

そんな青森県で、ハローキティとのコラボ商品が販売されている。

青森発、ハローキティの黒にんにく

□画面キャプチャ:柏崎青果

青森県の東部に位置する、おいらせ町。そこで、農産物の加工・販売を行うのが「柏崎青果」だ。

柏崎青果は、サンリオのキャラクター「ハローキティ」とコラボした「黒にんにく」の商品を展開している。

品質、生産量ともに最高峰を誇る青森県産にんにくを、独自製法によりじっくりと熟成させました。
甘くてフルーティな黒にんにくの風味、高い栄養価が毎日の健康をサポートします。

□出典:柏崎青果

こちらの商品は、にんにく独特の臭いも少ないという。

不ぞろい「黒にんにく」がお買い得

柏崎青果では、ハローキティの黒にんにく「不揃いお徳用」を販売している。

形は不揃いだが、品質や味には問題無し。130gの商品が、1,000円(税別)で購入できる。

□商品:柏崎青果

ABOUTこの記事をかいた人

MACHI LOG編集部

「地域の魅力を伝える」を使命に、PR不足の地域の課題を解決します。 情報発信のみならず、地域の仕事づくりを目的にした講演やワークショップ、地域をもっと良くしたい人達が集まるイベントの開催も定期的に行っております。