山形の「こめ油」の会社が、米ぬかで化粧品開発

数年前より、その機能性に注目が集まっている「こめ油」をご存知でしょうか?

こめ油は、その名の通り「玄米」から搾った植物油で、栄養価の高さや油としての高い機能性が特徴です。

山形県にも、「こめ油」を製造している会社があります。

山形の「こめ油」の会社が、化粧品開発

□画面キャプチャ:三和油脂株式会社

山形県東部に位置し、将棋駒と温泉のまちとして知られる天童市。そこに本社を構えるのが、「こめ油」を製造する三和油脂株式会社です。

同社は、単に油を製造するだけでなく、「米ぬか」を研究し、様々な可能性に着目しています。

こめ油を一人でも多くの方々に利用していただき、皆さまの健康に貢献出来ますことを願っております。
また、こめ油と米糠を利用したイノベーションに挑戦し、これから、瑞穂の里をもっともっと元氣にするため、社員一丸となり皆さまの期待に応えて参ります。

□出典:三和油脂株式会社

その想いが、今一つの形になろうとしています。

東北産の米ぬかで化粧品開発

化粧品製造のコスメティック・アイーダ(神奈川県大和市)が、三和油脂株式会の技術に着目し、東北産の「米ぬかから抽出したエキス」を配合した化粧品開発に乗り出しました。

化粧品開発では材料は東北産のコメからとれた米ぬかを使用する。米ぬか独特の臭いがあるが、食油を製造している三和油脂の研究で焼酎麹(こうじ)菌と乳酸菌を使い、米ぬかを2段階で発酵させてにおいを取ることに成功したという。

□出典:日本経済新聞

東北にも、様々な研究開発を行なっている企業がまだまだあります。

仮に1社では難しくても、それらが連携することで、今回のような商品開発は可能なはずです。

私も1人の東北の起業家として、社会をより良くするという意識で、東北の企業が手を組み、イノベーションを起こし続ける未来を描いていきたいと考えています。

地域ブランディングや
ソーシャルビジネス創出を実現

「地域の魅力を伝える」
【MACHI LOG】は、地域のPR・ブランディング・商品開発を一緒に実現します。地域を大切に想う10万人の読者が、あなたの地域を応援します。

【PR】
ガン予防・花粉症対策に九州産の柑橘

へべす

MACHI LOG を一緒に盛り上げてくれる仲間を募集!

2017.07.05

早く・伝わる文章を書く方法、ライティング講座・基礎編(第3回)を東京で開催

2017.07.02

なべっこ遠足は、秋田だけ!小学校の一大行事は、スゴい教育プログラム-秋田/県南

2015.08.27

ABOUTこの記事をかいた人

MACHI LOG編集部

「地域の魅力を伝える」を使命に、PR不足の地域の課題を解決します。 情報発信のみならず、地域の仕事づくりを目的にした講演やワークショップ、地域をもっと良くしたい人達が集まるイベントの開催も定期的に行っております。