福井を舞台にはじまる「XSCHOOL」、24人の挑戦

MACHI LOG編集部


MACHI LOG staff

福井ではじまった「小さな小さなデザインの教室」

昨年11月に福井市で開講した、小さな小さなデザインの教室「XSCHOOL」。

デザインの教室といっても、イラストレーターの使い方を学んだり、3DCADでモデリングをしたり、といったデザインのhow toを学ぶような場ではありません。

新たな事業やプロジェクトを作るプログラム

XSCHOOLは、関東・関西、福井県内から公募で集まった受講生が、福井市内の伝統企業と対話を重ねながら、自分たちの手で新たな事業やプロジェクトをつくっていく、実践型のプログラムです。

受講生は、デザイナー、建築家、編集者、金融関係者、NPO職員、保育士など、肩書きも、年齢もバラバラな24名。さらに、複数のデザイン分野の講師、事業化アドバイザーらが伴走しています。

普段はなかなか出会うことない異なる職能の受講生たちが、それぞれの問題意識を共有しながら、地域の課題や可能性をリサーチし、新たな事業をつくっています。

それぞれが自分の仕事を持ちながらも、月に1〜2回ほど福井に通い続け、

ある時は早朝から福井のまちを練り歩き、まちの成り立ちや歴史に思いを馳せ、

ある時は地元企業を訪ね、社長やそこで働く人たちの思いや企業の抱える課題、可能性を探り、

ある時はメンバー同士で、働き方や生き方への疑問をぶつけあい、

ある時は地元の居酒屋で、それぞれの未来を語りあい。

通うごとに、福井に「いつもの場所」ができ、通うごとに、仲間に「さらけ出せること」が増え、通うごとに、この場所でこの仲間と「一緒にやりたいこと」が見えてくる。

そんな風に、いろいろな立場の受講生たちが地域も職能も超えて、新たな「関係性」を育てながら、地域で見つけた課題や可能性を形にして、新たな事業やプロジェクトを生み出す。それがXSCHOOLです。


PR for 茨城県北ビジネスプランコンペティション
賞金総額500万円。県北地域を元気にする新たなビジネスプランを募集中!

最大1000万円! 月刊ソトコトの表紙にもなった人気地域で、新事業の6創業メンバーを募集!

 

ソーシャルビジネスをはじめたい仲間募集
宮崎県新富町に拠点を構える「こゆ財団」が、地域課題を解決するソーシャルビジネスの担い手を募集しています。新たに創設する6事業を担う人財を全国から募ります。

地域を変えるソーシャルビジネスを生み出すために大切な3つのこと

2017.12.04

公務員、家(空き)を買う。街をリノベーションする大分佐伯の公務員がイカしてやがる!

2017.11.30

今日からできる「マーケティングに大切な1つのこと」。日向ドラゴンアカデミーレポート

2017.11.24

ABOUTこの記事をかいた人

MACHI LOG編集部

「地域の魅力を伝える」を使命に、PR不足の地域の課題を解決します。
情報発信のみならず、地域の仕事づくりを目的にした講演やワークショップ、地域をもっと良くしたい人達が集まるイベントの開催も定期的に行っております。