MACHI LOG編集部


MACHI LOG staff

地銀が起業家支援の交流会開催

新たな雇用を生み出し、地域の税収入を維持・増加させながら、イノベーションを起こし続けられる人財となる起業家は、地方の地域経済活性化にとって重要な存在だ。

秋田の第一地銀である秋田銀行は、地方創生の一環として「創業サポーターズクラブ」という県内の起業家の交流を促進する場を設立した。

サポーターズクラブは、起業希望者や創業5年未満の個人・企業の入会を募る。指導役としてすでに県内で事業展開している起業家を約30人迎え、年に4回の交流イベントや少人数のワークショップを定期開催する。

□出典:日本経済新聞

この支援メニューの中にある、交流イベント「アントレカフェ」の第1弾が2月15日に秋田市で開催された。

□詳細:創業サポーターズクラブ

起業家の行動が地方を変える

秋田銀行は、起業マインドの醸成、人的ネットワークの形成、そして、起業家同士の情報交換・交流の促進を目指し、「アントレカフェ」を開催。

第1回目のゲストとして、「秋田ノーザンハピネッツ」を運営する秋田プロバスケットボールクラブ株式会社 代表取締役社長 水野勇気氏が登壇し、基調講演を行なった。

「“動けば変わる”~ゼロからの挑戦」と題した講演をお聞きし、数多くの学びと気付きを頂いた。その一部を共有したい。

県民球団を目指す、秋田ノーザンハピネッツ

秋田県民の誰からも愛される存在として「県民球団」の創造を目指している、秋田プロバスケットボールクラブの水野氏。

「秋田ノーザンハピネッツ」というバスケットボールのプロスポーツチームを設立し、現在は秋田県を本拠地としてBリーグ(B1)に所属し、多くの人々から応援されるチームへと成長を遂げている。

日本において、地方でプロスポーツチームを立ち上げて、永続的に運営することは容易なことではない。

水野氏は講演で、起業家にとって重要な「動けば変わる」という考え方について伝えてくれた。

>> 起業家に伝えたい、動けば変わる

最大1000万円! 月刊ソトコトの表紙にもなった人気地域で、新事業の6創業メンバーを募集!

 

ソーシャルビジネスをはじめたい仲間募集
宮崎県新富町に拠点を構える「こゆ財団」が、地域課題を解決するソーシャルビジネスの担い手を募集しています。新たに創設する6事業を担う人財を全国から募ります。

地域を変えるソーシャルビジネスを生み出すために大切な3つのこと

2017.12.04

公務員、家(空き)を買う。街をリノベーションする大分佐伯の公務員がイカしてやがる!

2017.11.30

今日からできる「マーケティングに大切な1つのこと」。日向ドラゴンアカデミーレポート

2017.11.24

ABOUTこの記事をかいた人

MACHI LOG編集部

「地域の魅力を伝える」を使命に、PR不足の地域の課題を解決します。
情報発信のみならず、地域の仕事づくりを目的にした講演やワークショップ、地域をもっと良くしたい人達が集まるイベントの開催も定期的に行っております。