産学連携で大学発ベンチャー、東北大と中小機構が連携

MACHI LOG編集部


MACHI LOG staff

東北から大学発ベンチャー

ここ数年で、宮城県にある東北大学と連携し、世界に勝負するレベルのベンチャー企業がいくつか現れています。今までにない技術を用いて、大きなイノベーションを起こしつつあります。

東北大学は、この動きを更に加速させようとしています。

ベンチャー育成、東北大と中小機構が連携

□画面キャプチャ:東北大学連携ビジネスインキュベータ

東北大学と中小企業基盤整備機構は、これまでも「東北大学連携ビジネスインキュベータ(T-Biz)」の運営やベンチャー創業支援など、様々な展開をしてきました。

更に支援の幅を拡大するため、両者は大学発ベンチャーの増加を目指し、相互に連携する協定を締結しました。

起業家の人財育成が重要

どんなに素晴らしい技術を大学が研究・開発しても、それをビジネスとして社会に還元できる起業家という人財がいなければ、そのまま埋もれて世に出ることはないでしょう。

特に、東北の起業家に求められるのは、「地域や社会をより良くしたいと考え、高い熱意を持って、自ら問題を解決する。」というマインド・行動力・熱量です。

そんな起業家人財が生まれ、集まり、共に学び、共に成長できる場が、日本の地方・東北にはもっと必要だと考えています。

地域の未来を自ら切り開いていく「熱い仲間」を募集しています。


PR for 茨城県北ビジネスプランコンペティション
賞金総額500万円。県北地域を元気にする新たなビジネスプランを募集中!

最大1000万円! 月刊ソトコトの表紙にもなった人気地域で、新事業の6創業メンバーを募集!

 

ソーシャルビジネスをはじめたい仲間募集
宮崎県新富町に拠点を構える「こゆ財団」が、地域課題を解決するソーシャルビジネスの担い手を募集しています。新たに創設する6事業を担う人財を全国から募ります。

地域を変えるソーシャルビジネスを生み出すために大切な3つのこと

2017.12.04

公務員、家(空き)を買う。街をリノベーションする大分佐伯の公務員がイカしてやがる!

2017.11.30

今日からできる「マーケティングに大切な1つのこと」。日向ドラゴンアカデミーレポート

2017.11.24

ABOUTこの記事をかいた人

MACHI LOG編集部

「地域の魅力を伝える」を使命に、PR不足の地域の課題を解決します。
情報発信のみならず、地域の仕事づくりを目的にした講演やワークショップ、地域をもっと良くしたい人達が集まるイベントの開催も定期的に行っております。