「21世紀の主要食」「飢餓を救う偉大な穀物」と称されるキヌア。日本のキヌアの現状って!?

MACHI LOG編集部


MACHI LOG staff

アメリカ航空宇宙局 (NASA) が「21世紀の主要食になる」と発表し、近年日本でも美容や健康のために食卓に取り入れられているキヌア。

キヌアの輸入量って? 日本には国産のキヌアがある!? 日本のキヌアについてまとめました。

一時は歴史から姿を消していた「21世紀の主要食」「偉大な植物」と称されるキヌア

キヌアの歴史は古く、紀元前 7000~5000 年頃から食用が始まったとされています。

13世紀におこったインカ帝国では神聖な作物「母なる穀物」と呼ばれ、インカ文明を支えたキヌア。スペインによってインカ帝国が制服されると宗教儀式に用いられていたキヌアは栽培を禁止され、変わって小麦が植えられるようになったそうです。

歴史上からその姿を消したキヌアですが、1990年代にNASAが宇宙空間での長期滞在に適した作物として「21世紀の主要食」と発表。

加えて2013年には国連が「飢餓や栄養不足削除への可能性を秘めた偉大な穀物」と発表し、この年を「国際キヌア年」に定めました。NASAの発表により注目され再び歴史の表舞台にたったキヌア。

その人気は欧米を中心にさらに高まっています。

キヌアの何がすごい? 高評価の理由

キヌアは、米と比べるとカルシウムや約6倍、鉄は約5倍、食物繊維は約10倍。

その他、体内で合成できない9種類の「必須アミノ酸」も高い比率で含まれており、その他のカリウム、マグネシウム、亜鉛などのミネラル類もバランスよく含まれています。


PR for 茨城県北ビジネスプランコンペティション
賞金総額500万円。県北地域を元気にする新たなビジネスプランを募集中!

最大1000万円! 月刊ソトコトの表紙にもなった人気地域で、新事業の6創業メンバーを募集!

 

ソーシャルビジネスをはじめたい仲間募集
宮崎県新富町に拠点を構える「こゆ財団」が、地域課題を解決するソーシャルビジネスの担い手を募集しています。新たに創設する6事業を担う人財を全国から募ります。

地域を変えるソーシャルビジネスを生み出すために大切な3つのこと

2017.12.04

公務員、家(空き)を買う。街をリノベーションする大分佐伯の公務員がイカしてやがる!

2017.11.30

今日からできる「マーケティングに大切な1つのこと」。日向ドラゴンアカデミーレポート

2017.11.24

ABOUTこの記事をかいた人

MACHI LOG編集部

「地域の魅力を伝える」を使命に、PR不足の地域の課題を解決します。
情報発信のみならず、地域の仕事づくりを目的にした講演やワークショップ、地域をもっと良くしたい人達が集まるイベントの開催も定期的に行っております。