「21世紀の主要食」「飢餓を救う偉大な穀物」と称されるキヌア。日本のキヌアの現状って!?

アメリカ航空宇宙局 (NASA) が「21世紀の主要食になる」と発表し、近年日本でも美容や健康のために食卓に取り入れられているキヌア。

キヌアの輸入量って? 日本には国産のキヌアがある!? 日本のキヌアについてまとめました。

一時は歴史から姿を消していた「21世紀の主要食」「偉大な植物」と称されるキヌア

キヌアの歴史は古く、紀元前 7000~5000 年頃から食用が始まったとされています。

13世紀におこったインカ帝国では神聖な作物「母なる穀物」と呼ばれ、インカ文明を支えたキヌア。スペインによってインカ帝国が制服されると宗教儀式に用いられていたキヌアは栽培を禁止され、変わって小麦が植えられるようになったそうです。

歴史上からその姿を消したキヌアですが、1990年代にNASAが宇宙空間での長期滞在に適した作物として「21世紀の主要食」と発表。

加えて2013年には国連が「飢餓や栄養不足削除への可能性を秘めた偉大な穀物」と発表し、この年を「国際キヌア年」に定めました。NASAの発表により注目され再び歴史の表舞台にたったキヌア。

その人気は欧米を中心にさらに高まっています。

キヌアの何がすごい? 高評価の理由

キヌアは、米と比べるとカルシウムや約6倍、鉄は約5倍、食物繊維は約10倍。

その他、体内で合成できない9種類の「必須アミノ酸」も高い比率で含まれており、その他のカリウム、マグネシウム、亜鉛などのミネラル類もバランスよく含まれています。

地域の起業家育成と
ソーシャルビジネスの創出を共に実現

起業家育成を通じて、ソーシャルビジネスを創出し、日経新聞ほかテレビや雑誌での紹介多数。日本で唯一、地域で “稼ぐ力” を構築し、起業・イノベーションを促進することに特化したNPO「まちづくりGIFT」

【PR】
ガン予防・花粉症対策に九州産の柑橘

MACHI LOG を一緒に盛り上げてくれる仲間を募集!

2017.07.05

早く・伝わる文章を書く方法、ライティング講座・基礎編(第3回)を東京で開催

2017.07.02

なべっこ遠足は、秋田だけ!小学校の一大行事は、スゴい教育プログラム-秋田/県南

2015.08.27

ABOUTこの記事をかいた人

MACHI LOG編集部

「地域の魅力を伝える」を使命に、PR不足の地域の課題を解決します。 情報発信のみならず、地域の仕事づくりを目的にした講演やワークショップ、地域をもっと良くしたい人達が集まるイベントの開催も定期的に行っております。