歴史的な戦いの裏にもビスケット! 日本のビスケット史に登場する水戸藩と薩摩藩

MACHI LOG編集部


MACHI LOG staff

2月28日は「ビスケットの日」。日本のビスケットの歴史に登場する水戸藩と薩摩藩。あの歴史的な戦いの裏にもビスケットが!?

“オランダ人にレシピを学んできて!” 藩からの依頼に答えた柴田方庵

全国ビスケット協会が定めた「ビスケットの日」。この日付は1855年の2月28日に由来しています。

1855年2月28日、長崎にいた水戸藩の蘭医・柴田方庵が水戸藩の役人にあてて送った手紙にビスケットの製法が書かれていました。これを記念して1981年に2月28日がビスケットの日と定められました。

手紙を書いた人物・柴田方庵は茨城県日立市出身。

江戸で儒学や医学を学び、1831年からは長崎にて最新の西洋医学を学んでいました。このとき水戸藩から「ビスケットの製法を学び報告してほしい」との依頼を受け、実際にオランダ人から学んだ製法を手紙に記したそうです。

当時は長崎周辺で外国人向けのみにつくられていたビスケット。水戸藩は保存がきき、栄養価が高いことに目をつけ、柴田方庵にレシピの入手を依頼したそうです。


PR for 茨城県北ビジネスプランコンペティション
賞金総額500万円。県北地域を元気にする新たなビジネスプランを募集中!

最大1000万円! 月刊ソトコトの表紙にもなった人気地域で、新事業の6創業メンバーを募集!

 

ソーシャルビジネスをはじめたい仲間募集
宮崎県新富町に拠点を構える「こゆ財団」が、地域課題を解決するソーシャルビジネスの担い手を募集しています。新たに創設する6事業を担う人財を全国から募ります。

地域を変えるソーシャルビジネスを生み出すために大切な3つのこと

2017.12.04

公務員、家(空き)を買う。街をリノベーションする大分佐伯の公務員がイカしてやがる!

2017.11.30

今日からできる「マーケティングに大切な1つのこと」。日向ドラゴンアカデミーレポート

2017.11.24

ABOUTこの記事をかいた人

MACHI LOG編集部

「地域の魅力を伝える」を使命に、PR不足の地域の課題を解決します。
情報発信のみならず、地域の仕事づくりを目的にした講演やワークショップ、地域をもっと良くしたい人達が集まるイベントの開催も定期的に行っております。