歴史的な戦いの裏にもビスケット! 日本のビスケット史に登場する水戸藩と薩摩藩

2月28日は「ビスケットの日」。日本のビスケットの歴史に登場する水戸藩と薩摩藩。あの歴史的な戦いの裏にもビスケットが!?

“オランダ人にレシピを学んできて!” 藩からの依頼に答えた柴田方庵

全国ビスケット協会が定めた「ビスケットの日」。この日付は1855年の2月28日に由来しています。

1855年2月28日、長崎にいた水戸藩の蘭医・柴田方庵が水戸藩の役人にあてて送った手紙にビスケットの製法が書かれていました。これを記念して1981年に2月28日がビスケットの日と定められました。

手紙を書いた人物・柴田方庵は茨城県日立市出身。

江戸で儒学や医学を学び、1831年からは長崎にて最新の西洋医学を学んでいました。このとき水戸藩から「ビスケットの製法を学び報告してほしい」との依頼を受け、実際にオランダ人から学んだ製法を手紙に記したそうです。

当時は長崎周辺で外国人向けのみにつくられていたビスケット。水戸藩は保存がきき、栄養価が高いことに目をつけ、柴田方庵にレシピの入手を依頼したそうです。

地域ブランディングや
ソーシャルビジネス創出を実現

「地域の魅力を伝える」
【MACHI LOG】は、地域のPR・ブランディング・商品開発を一緒に実現します。地域を大切に想う10万人の読者が、あなたの地域を応援します。

【PR】
ガン予防・花粉症対策に九州産の柑橘

へべす

MACHI LOG を一緒に盛り上げてくれる仲間を募集!

2017.07.05

早く・伝わる文章を書く方法、ライティング講座・基礎編(第3回)を東京で開催

2017.07.02

なべっこ遠足は、秋田だけ!小学校の一大行事は、スゴい教育プログラム-秋田/県南

2015.08.27

ABOUTこの記事をかいた人

MACHI LOG編集部

「地域の魅力を伝える」を使命に、PR不足の地域の課題を解決します。 情報発信のみならず、地域の仕事づくりを目的にした講演やワークショップ、地域をもっと良くしたい人達が集まるイベントの開催も定期的に行っております。