東北で廃校活用し、地方創生

高橋慶彦


MACHI LOG 東北編集長

少子化で、小中学校の統廃合

少子高齢化・人口減少が著しい東北では、多くの小中学校が統廃合されている。

私は、秋田県の横手市雄物川町という地域の出身だが、小学校は約20年前に他校と統合、中学校も5年前に他校と統合された。私の母校は、もう無い。

このような流れの中で、廃校を有効活用する動きが東北で加速している。

東北で廃校活用し、地方創生

秋田県の中央部に位置する五城目町。そこには廃校を活用した、五城目町地域活性化支援センター「BABAME BASE」という施設がある。

五城目町地域活性化支援センターは、2013年3月に閉校した馬場目小学校の校舎(2000年1月完成)を活用し、起業やコミュニティ活動などを実施する事業者を支援する場として2013年10月28日に開設いたしました。

□出典:五城目町地域活性化支援センター

現在、こちらの施設には7つの企業・団体が入居している。

地域のコミュニティ機能を継承

五城目町の「BABAME BASE」の素晴らしい点は、単なるベンチャー支援施設ではないという点だ。小学校が担っていた、地域の人と人を繋ぐというコミュニティ機能を継承している。

土日になると「BABAME BASE」には、小学校があった頃と同じように子どもたちが集まり、様々な活動を行っている。行政・市民・企業が連携し、地域の施設を活用している素晴らしい事例だ。

>> 廃校を活用して工場をつくる


PR for 茨城県北ビジネスプランコンペティション
賞金総額500万円。県北地域を元気にする新たなビジネスプランを募集中!

最大1000万円! 月刊ソトコトの表紙にもなった人気地域で、新事業の6創業メンバーを募集!

 

ソーシャルビジネスをはじめたい仲間募集
宮崎県新富町に拠点を構える「こゆ財団」が、地域課題を解決するソーシャルビジネスの担い手を募集しています。新たに創設する6事業を担う人財を全国から募ります。

地域を変えるソーシャルビジネスを生み出すために大切な3つのこと

2017.12.04

公務員、家(空き)を買う。街をリノベーションする大分佐伯の公務員がイカしてやがる!

2017.11.30

今日からできる「マーケティングに大切な1つのこと」。日向ドラゴンアカデミーレポート

2017.11.24

ABOUTこの記事をかいた人

高橋慶彦

「東北の魅力を世界に伝える」を使命に活動中。MACHI LOG 東北編集長、広告代理店・東北プリントワールド株式会社 代表取締役。PR・販促支援で企業・官公庁の実績多数。