画像:地域プロデューサー 齋藤潤一氏

「地域ビジネスで世界をより良くする」を使命に、全国でローカルビジネスの創出を実現している、地域プロデューサー 齋藤潤一氏。

有機農業のまち・宮崎県綾市「aya100」プロジェクトで地域商社を運営する若者、宮崎県日向市で特産品「へべす」を全国区にしようと300万円のクラウドファンディングに挑戦する19歳の青年など、齋藤氏の周囲では次々に新しいことへチャレンジする起業家が生まれている。

その手法について、齋藤氏にお話を伺った。

発見・磨く・発信の高速PDCA

□出典:NPO法人まちづくりGIFT

齋藤氏は、地域ビジネスを創出する上で、難しいことは何もしていないという。

齋藤氏
「発見」「磨く」「発信」の高速PDCAを繰り返すだけです。それを成果が出るまで続けます。難しいことではありません。でも、9割の人がやりません。

それぞれのポイントについて伺った。

発見:地域の魅力と課題を見つける

まず、齋藤氏は現地へ行き、徹底的に話を聞く。

現地の人に、地域の「魅力」と「課題」と「未来」について、話を聞いて回る。想像ではなく、きちんと現地の生の声からそれらを聞き出すのだ。

特に、10人ぐらいの地域におけるキーパーソンから話を聞くと、共通項(1つの最大公約数となるキーワード)が出てくる。

そのみんなが課題と考えているキーワードを地域課題として捉え、ビジネスで解決していくことを考えるのだ。

>> 磨く:地域ビジネスのモデルをつくる

地域の起業家育成と
ソーシャルビジネスの創出を共に実現

起業家育成を通じて、ソーシャルビジネスを創出し、日経新聞ほかテレビや雑誌での紹介多数。日本で唯一、地域で “稼ぐ力” を構築し、起業・イノベーションを促進することに特化したNPO「まちづくりGIFT」

【PR】
ガン予防・花粉症対策に九州産の柑橘

MACHI LOG を一緒に盛り上げてくれる仲間を募集!

2017.07.05

早く・伝わる文章を書く方法、ライティング講座・基礎編(第3回)を東京で開催

2017.07.02

なべっこ遠足は、秋田だけ!小学校の一大行事は、スゴい教育プログラム-秋田/県南

2015.08.27

ABOUTこの記事をかいた人

高橋慶彦

「東北の魅力を世界に伝える」を使命に活動中。【毎日東北】と題して東北の情報を毎日発信!「MACHI LOG」東北の編集長、広告代理店・東北プリントワールド株式会社 代表取締役。PR・販促支援で企業・官公庁の実績多数。