高橋慶彦


MACHI LOG 東北編集長

磨く:地域ビジネスのモデルをつくる

その後、実際に聞いた地域の声の中にある「魅力」と「課題」をもとに、クロスSWOT分析を行う。これによって、地域ビジネスのモデルをつくっていく。

クロスSWOT分析

地域の内部環境における「強み」と「弱み」、地域の外部環境における「機会」と「脅威」を分類・整理した上で、それぞれを掛け算しながら戦略を立案する。

住民が自分ごととして考え動く

ここで重要なことは、齋藤氏が一方的にそれを行うのではなく、ワークショップを通じて住民と一緒に行うことである。

住民が「自分ごと」として考え、動き出さなければ、持続可能な地域ビジネスを生み出すことはできない。

成功事例:宮崎県・渡川

宮崎県の渡川地区という限界集落で行われたプロジェクトでも、齋藤氏は住民の方々と一緒に、何度も地域の「魅力」と「課題」を掛け合わせた。

その中で出てきた、平均年齢60才のおばあちゃんたち(渡川マンマ)がお弁当を作って高齢者の見回りをしている活動と、若者が始めた地域商店に注目し、そのお弁当が売れて地域の人が集えるカフェを作ろうというプロジェクトが開始された。

その地元のおばあちゃんたちの挑戦はクラウドファンディングで約150万円を集め、その活動はメディアにも取り上げられて一躍全国区となり、現在も取材が殺到しているという。

>> 発信:しっかりとお金を稼ぐ


PR for 茨城県北ビジネスプランコンペティション
賞金総額500万円。県北地域を元気にする新たなビジネスプランを募集中!

最大1000万円! 月刊ソトコトの表紙にもなった人気地域で、新事業の6創業メンバーを募集!

 

ソーシャルビジネスをはじめたい仲間募集
宮崎県新富町に拠点を構える「こゆ財団」が、地域課題を解決するソーシャルビジネスの担い手を募集しています。新たに創設する6事業を担う人財を全国から募ります。

地域を変えるソーシャルビジネスを生み出すために大切な3つのこと

2017.12.04

公務員、家(空き)を買う。街をリノベーションする大分佐伯の公務員がイカしてやがる!

2017.11.30

今日からできる「マーケティングに大切な1つのこと」。日向ドラゴンアカデミーレポート

2017.11.24

ABOUTこの記事をかいた人

高橋慶彦

「東北の魅力を世界に伝える」を使命に活動中。MACHI LOG 東北編集長、広告代理店・東北プリントワールド株式会社 代表取締役。PR・販促支援で企業・官公庁の実績多数。