高橋慶彦


MACHI LOG 東北編集長

発信:しっかりとお金を稼ぐ

□画像キャプチャ:FAAVO(どがわ物語)

齋藤氏が重要視しているのは、発信というフェーズでしっかりとお金を稼ぐということだ。

一般的に「発信」と言えば、TVや新聞などのマスメディアに出稿したり、Facebookなどを活用した情報発信をイメージすると思う。しかし、それでは不十分だ。

「ただ情報発信するだけではなく、1円でも良いから実際に売ってみるということが重要だ。」と、齋藤氏は伝えてくれた。

クラウドファンディングを活用する意義

その点で、クラウドファンディングは非常によくできた仕組みである。

クラウドファンディングでは、テストマーケティングとして、自分たちの周囲から声を集めながら、挑戦期間中に行動と改善を繰り返し、商品化に向けて動ける。しかも、リスクゼロだ。

実際に、齋藤さんの周囲では、その中からスターや起業家が生まれている。

9割の人がやらない高速PDCA

「発見」「磨く」「発信」の高速PDCAを繰り返していけば、地域ビジネスは生み出せると、齋藤氏は伝えてくれた。

しかし、9割の人がやらない、どこかのフェーズでやめてしまう、あるいは、1度やっただけで終わってしまうと言う。

重要なのは、この3つを成果が出るまで、改善しながら繰り返し続けることである。

求められるグリッド力

それに必要なのが、グリッド力だ。成果が出るまで、やり抜く力が求められる。そのためには、仲間づくり・チームづくりも大切だという。

その点においても、「地域を何とかしたい」という熱意を持っている人であれば、全面的にサポート・応援したいと、齋藤氏は語ってくれた。

よそ者・若者・ばか者は、もう古い

宮崎県・渡川のように、おばあちゃんでも挑戦し、地域を変えることはできる。

そこに、外からの刺激、若い人からの刺激はあったにせよ、最も重要なことは、地域を愛する住民自身が自分ごととして考え抜き、行動を起こすことだ。

そして、継続的に改善し続けることでしか、持続可能な地域ビジネスは生み出せない。

関連記事

【発見編】9割の人がやらない、稼ぐ地域ビジネスのつくり方

地域ブランディングや
ソーシャルビジネス創出を実現

「地域の魅力を伝える」
【MACHI LOG】は、地域のPR・ブランディング・商品開発を一緒に実現します。地域を大切に想う10万人の読者が、あなたの地域を応援します。

【PR】
ガン予防・花粉症対策に九州産の柑橘

へべす

MACHI LOG を一緒に盛り上げてくれる仲間を募集!

2017.07.05

早く・伝わる文章を書く方法、ライティング講座・基礎編(第3回)を東京で開催

2017.07.02

なべっこ遠足は、秋田だけ!小学校の一大行事は、スゴい教育プログラム-秋田/県南

2015.08.27