室町時代から続く山水庭園、福島会津「御薬園」

歴史を受け継ぐ、日本庭園。

日本人は、昔から自然を愛し、その風景を庭園という形で再現しようとした。四季を通じて変わる景色は、人々の心を癒した。日本には、そんな歴史を受け継ぐ庭園が数多く残っている。

福島県の会津地方にも、そんな庭園の1つが残っている。

福島会津の日本庭園「御薬園」

福島県会津若松市、「鶴ヶ城」から徒歩15分ほどの場所にある日本庭園が「御薬園」だ。

国指定名勝にも指定される、池を中心とした回遊式庭園。各種薬草を栽培する「薬草園」があり、それが名前の由来となっている。

霊泉が湧き出したとされ、その起源は室町時代までさかのぼる、歴史ある庭園だ。

会津藩主が用いた小さな平家

「御薬園」の中には、会津藩主や藩の重役たちが用いた、「楽寿亭」と呼ばれる小さな平家が今も残っている。

元禄9年(1696)に建てられたもので、納涼・茶席・密議などに使われていたそうだ。

薬草茶の試飲で癒される

庭園の自然で癒された後は、薬草茶で癒される。

東北編集長 高橋
4種類の薬草茶を試飲できる。
中には、癖のあるものもあるが、
自然と薬草茶で心も体も癒された。

福島・会津若松を訪れた際には、是非チェックしてほしい。

スポット情報

御薬園
□住所:福島県会津若松市花春町8-1 MAP
□時間:8:30~17:00(入園締切:16:30)
□定休:無休
□料金:大人320円・高校生270円・小中学生160円

人気記事

インバウンド「ダイヤモンドルート」福島・栃木・茨城・東京を結ぶ観光PR動画

地域ブランディングや
ソーシャルビジネス創出を実現

「地域の魅力を伝える」
【MACHI LOG】は、地域のPR・ブランディング・商品開発を一緒に実現します。地域を大切に想う10万人の読者が、あなたの地域を応援します。

【PR】
ガン予防・花粉症対策に九州産の柑橘

へべす

MACHI LOG を一緒に盛り上げてくれる仲間を募集!

2017.07.05

早く・伝わる文章を書く方法、ライティング講座・基礎編(第3回)を東京で開催

2017.07.02

なべっこ遠足は、秋田だけ!小学校の一大行事は、スゴい教育プログラム-秋田/県南

2015.08.27

ABOUTこの記事をかいた人

高橋慶彦

「東北の魅力を世界に伝える」を使命に活動中。【毎日東北】と題して東北の情報を毎日発信!「MACHI LOG」東北の編集長、広告代理店・東北プリントワールド株式会社 代表取締役。PR・販促支援で企業・官公庁の実績多数。