室町時代から続く山水庭園、福島会津「御薬園」

高橋慶彦


MACHI LOG 東北編集長

歴史を受け継ぐ、日本庭園。

日本人は、昔から自然を愛し、その風景を庭園という形で再現しようとした。四季を通じて変わる景色は、人々の心を癒した。日本には、そんな歴史を受け継ぐ庭園が数多く残っている。

福島県の会津地方にも、そんな庭園の1つが残っている。

福島会津の日本庭園「御薬園」

福島県会津若松市、「鶴ヶ城」から徒歩15分ほどの場所にある日本庭園が「御薬園」だ。

国指定名勝にも指定される、池を中心とした回遊式庭園。各種薬草を栽培する「薬草園」があり、それが名前の由来となっている。

霊泉が湧き出したとされ、その起源は室町時代までさかのぼる、歴史ある庭園だ。

会津藩主が用いた小さな平家

「御薬園」の中には、会津藩主や藩の重役たちが用いた、「楽寿亭」と呼ばれる小さな平家が今も残っている。

元禄9年(1696)に建てられたもので、納涼・茶席・密議などに使われていたそうだ。

薬草茶の試飲で癒される

庭園の自然で癒された後は、薬草茶で癒される。

東北編集長 高橋
4種類の薬草茶を試飲できる。
中には、癖のあるものもあるが、
自然と薬草茶で心も体も癒された。

福島・会津若松を訪れた際には、是非チェックしてほしい。

スポット情報

御薬園
□住所:福島県会津若松市花春町8-1 MAP
□時間:8:30~17:00(入園締切:16:30)
□定休:無休
□料金:大人320円・高校生270円・小中学生160円

人気記事

インバウンド「ダイヤモンドルート」福島・栃木・茨城・東京を結ぶ観光PR動画


PR for 茨城県北ビジネスプランコンペティション
賞金総額500万円。県北地域を元気にする新たなビジネスプランを募集中!

最大1000万円! 月刊ソトコトの表紙にもなった人気地域で、新事業の6創業メンバーを募集!

 

ソーシャルビジネスをはじめたい仲間募集
宮崎県新富町に拠点を構える「こゆ財団」が、地域課題を解決するソーシャルビジネスの担い手を募集しています。新たに創設する6事業を担う人財を全国から募ります。

地域を変えるソーシャルビジネスを生み出すために大切な3つのこと

2017.12.04

公務員、家(空き)を買う。街をリノベーションする大分佐伯の公務員がイカしてやがる!

2017.11.30

今日からできる「マーケティングに大切な1つのこと」。日向ドラゴンアカデミーレポート

2017.11.24

ABOUTこの記事をかいた人

高橋慶彦

「東北の魅力を世界に伝える」を使命に活動中。MACHI LOG 東北編集長、広告代理店・東北プリントワールド株式会社 代表取締役。PR・販促支援で企業・官公庁の実績多数。