PR for Akita

地方にある、チャンス

2017年3月11日、人財不足の課題を抱える企業・地域と、新しい働きがい・生きがいを求めている首都圏の若者を繋げようと、東京・渋谷で秋田県主催のイベントが開催された。

□関連記事:
若者移住と地方創生の未来。田舎暮らしにあるビジネスチャンス

登壇者(事業者代表)によるピッチを通じて、秋田の様々な魅力や課題が見えてきた。

感性を磨ける場、秋田

登壇者の言葉の中で、共通していたキーワードとして「感性」が挙げられる。

高山植物・新緑・紅葉・樹氷など、季節によって様々な表情を見せる北秋田市の森吉山。見渡す限りの田園風景で、旬の食材がすぐに手に入る豊かな環境。それらが、秋田県にはある。

今回の登壇者には、Uターンや移住をして秋田でビジネスを起こしている人が多かった。

自身の経験から、「秋田に来てから、感性を使うことが増えた。秋田は感性を磨ける場だと、再確認した。」という声が聞かれた。

PRできる素材はある

そんな秋田県には、PRできる素材がたくさんある。

秋田県内の地域は、まだまだ未発掘・未開拓状態。まさに「宝の山」で、それを発信していきたいと、多くの登壇者が伝えていた。

そこで、課題となるのが人財である。

>> 若者・開拓・IT人財の不足

ABOUTこの記事をかいた人

高橋慶彦

「東北の魅力を世界に伝える」を使命に活動中。【毎日東北】と題して東北の情報を毎日発信!「MACHI LOG」東北の編集長、広告代理店・東北プリントワールド株式会社 代表取締役。PR・販促支援で企業・官公庁の実績多数。