9年ぶりに出荷量が増えた味噌。味噌をよく食べる日本人、食べない日本人

MACHI LOG編集部


MACHI LOG staff

日本の食卓には欠かせない味噌。2016年の出荷量が9年ぶりに前年を上回ったそうです。日本の味噌事情をまとめてみました。

過去15年間で日本の味噌出荷量はどう変わった!?

全国味噌工業協同組合連合会がまとめた統計によると、2000年の味噌出荷量は491,670t。2007年に前年の実績を1度上回ったものの2000年から毎年減少の一途を辿っていました。

2015年の味噌出荷量は409,011t。2016年の出荷量はこれをわずかに上回り409,718tという結果に。実に9年ぶりに前年を上回る出荷量となりました。

日本で1番味噌を食べているのは!?

2014年から2016年のデータをまとめた家計調査ランキングによると、味噌の購入額日本一となったのは長野県長野市でその額3,169円。

次いで新潟市、静岡市、盛岡市、熊本市がランクインしており、いずれも全国平均を大きく上回っています。

一方、味噌の購入量で1日本一となったのは岩手県盛岡市。全国平均が5,445gであるのに対し、盛岡市の購入量は8,509g。2位以下の長野市、青森市、新潟市、浜松市を大きく引き離しています。

出典:統計局 家計調査 (二人以上の世帯) 品目別都道府県庁所在市及び政令指定都市ランキング(平成26年~28年平均)


PR for アグリビジネススクール
参加無料で、若手Uターン農家に学ぶ「稼ぐ農業」
人数限定の人気イベントを開催!

イベント詳細はこちら



最大1000万円! 月刊ソトコトの表紙にもなった人気地域で、新事業の6創業メンバーを募集!

 

ソーシャルビジネスをはじめたい仲間募集
宮崎県新富町に拠点を構える「こゆ財団」が、地域課題を解決するソーシャルビジネスの担い手を募集しています。新たに創設する6事業を担う人財を全国から募ります。

【PR】
ガン予防・花粉症対策に九州産の柑橘

へべす

安心安全の食とおいしさを追求。アグリビジネススクールで学ぶ稼ぐ農業

2017.11.20

賞金総額500万円!茨城県北を舞台にしたビジネスプランコンペティションがスタート!

2017.11.17

働き方改革:弱いつながりで実現する地域づくり

2017.11.12

ABOUTこの記事をかいた人

MACHI LOG編集部

「地域の魅力を伝える」を使命に、PR不足の地域の課題を解決します。 情報発信のみならず、地域の仕事づくりを目的にした講演やワークショップ、地域をもっと良くしたい人達が集まるイベントの開催も定期的に行っております。