【起業家精神】9割の人がやらない、稼ぐ地域ビジネスのつくり方


画像:地域プロデューサー 齋藤潤一氏

「地域ビジネスで世界をより良くする」を使命に、全国でローカルビジネスの創出を実現している、地域プロデューサー 齋藤潤一氏。

齋藤氏
「発見」「磨く」「発信」の
高速PDCAを繰り返すだけです。
それを成果が出るまで続けます。
難しいことではありません。
でも、9割の人がやりません。

先日公開した記事「【発信編】9割の人がやらない、稼ぐ地域ビジネスのつくり方」の中で伝えた「批判を乗り越える重要性」について深掘りをしていきたい。

「なぜ、9割の人がやらないのか?」その1つの要因について、齋藤氏にお話を伺った。

稼ぐ地域ビジネスのつくり方「起業家精神」


画像:齋藤氏がプロデュースした人財育成プログラムから生まれた19歳のスター

地方の現場を見ていると、稼ぐ地域ビジネスを創出するために乗り越えるべき障壁があるという。

それは、「他の地域の人たちの目」だ。

齋藤氏
「稼ぐ」という言葉自体から
地域内の「ひがみ・妬み」を
連想する人がとても多い。
それを乗り越え、地域のために
しっかりと稼ぐことが重要。

地方創生のリアルについて、齋藤氏にポイントを伺った。

>> 地方創生のリアルと稼ぐマインド

ABOUTこの記事をかいた人

高橋慶彦

「東北の魅力を世界に伝える」を使命に活動中。【毎日東北】と題して東北の情報を毎日発信!「MACHI LOG」東北の編集長、広告代理店・東北プリントワールド株式会社 代表取締役。PR・販促支援で企業・官公庁の実績多数。